「GTA」などを所有するテイクツーがモバイルゲーム開発企業Zyngaを買収へ 取引額はゲーム史上最高の約1兆4650億円となる見通し(IGN JAPAN)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:IGN JAPAN

Rockstarと2Kを所有するテイクツー・インタラクティブは、ビデオゲーム会社の買収としては史上最高額となる契約でモバイルゲーム開発会社Zyngaの買収に合意したことを発表した。そう、あのマイクロソフトのベセスダ買収すらも上回る額だ。
プレスリリースで発表された内容によると、両社はテイクツーがZyngaの全株式と所有権を取得することに合意したとのこと。その買収額は約127億ドル(約1兆4650億円)に上る。全額現金での買収ではなく、テイクツーは現金と自社株を組み合わせてZyngaの株式を購入することで本契約を円滑に進めた。
合意内容によると、Zyngaの株主は1株当たり現金3.50ドルおよび6.36ドルのテイクツー普通株を取得することになり、Zyngaの株式は1株当たり9.86ドルとなる。この額はZyngaの2022年1月7日の終値を64%上回る水準だ。

「ゲーム」画像・動画ギャラリー

テイクツーの会長兼CEOであるストラウス・ゼルニックはこう語った。「Zyngaとの革新的な取引を発表できてうれしく思います。この取引には、自社ビジネスを多様化するとともに、対話型エンターテインメント業界最大の成長分野であるモバイルゲーム市場において指導的立場を確立する意味があります。今回の戦略的な提携によって、我が社の持つ最高峰のコンソールおよびPCゲームシリーズと、創造と革新の歴史をもって市場をリードする多様なモバイルプラットフォームの力が合わさることになります」
現金と株式を合わせた今回の取引額は、ビデオゲームの歴史上最大規模の買収となる。127億ドルの取引は、物価上昇率を考慮に入れたとしても、テンセントによる86億ドルでのSupercell買収や、マイクロソフトによる81億ドルでのゼニマックス・メディアおよびベセスダ買収をしのぐ金額だ。
Zyngaは世界でトップクラスに成功を収めたモバイルゲーム開発会社であり、「Words With Friends」や「FarmVille」、『ハリー・ポッター:呪文と魔法のパズル』などのヒット作を手掛けた。現在は『Star Wars: Hunters』を開発中で、Nintendo Switch版が2022年リリース予定となっている。

【広告】 更年期?

《経典薬方》附桂八味丸

・膝や腰など関節に痛みがある方に
・排尿時における障害を感じる方に

膝、腰の痛みや弱み、排尿障害などの症状に。

コメントは受け付けていません。