波瑠「数年間ずっと、毎日嘘をついてます」 林遣都らと自身がついた“嘘”カミングアウト(クランクイン!)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:クランクイン!

1月14日スタートのドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)の制作発表記者会見が開かれ、主演の波瑠や、林遣都、溝端淳平、本仮屋ユイカ、黒川智花、新川優愛が、ドラマの魅力や撮影の様子を報告した。

【写真】細眉、反抗期顔… 波瑠、林遣都らの14年前の顔

 本作は、中学卒業から14年ぶりに開催された同窓会をきっかけに起こる《同級生“連続不審死”事件》を軸に、超高速展開で二転三転していくラブサスペンス・ドラマ。

 主人公・今井望緒を演じる波瑠は「今まであまりやってこなかったタイプのドラマ。登場人物それぞれに裏がある中、望緒はそれに気づくのか気づくことができないのか…。そういった駆け引きの一つひとつが意味をもってくると思うので、結構慎重にやらないとなぁ…という緊張感があります」と告白した。

 望緒の初恋の人・雨宮秀一を演じる林は「いわゆる“王子様”と呼ばれる、あまり得意ではない類いの役(笑)」と格闘すると同時に、「『サスペンスって面白いなぁ』と毎日噛み締めている」そう。「これから第1話をご覧になる方々がどんな反応をくださるのか、今からワクワクしています」と、作品の出来栄えにも自信をのぞかせた。

 本作で巻き起こる《同級生“連続不審死”事件》の大きなカギを握るのは、《14年前のある事件》。というわけで、今回は特別にキャスト陣が約14年前、まだ自身が10代だった頃の貴重な写真を公開。当時の(秘)エピソードも併せて披露してくれることに。波瑠と本仮屋の眉毛が共に細かったり、林と溝端の写真がどちらも「反抗期真っ只中で、母親に撮ってもらったもの」だったり…と、思わぬ共通点も見つかり、クロストークも一気に弾んだ。

 と同時に、お互いの写真を見たキャスト陣は、キュンキュンしまくり。女性陣の写真には「かわいい! 今も変わらずキレイ!」、男性陣の写真には「かわいい! カッコいい!」と、トキメキが止まらない様子だった。

 ちなみに、会見ではラブサスペンスの「ラブ」要素にかけて、キャストそれぞれが「キュンとするしぐさ」も教えてくれることに。溝端からは「林くんの手がキレイでキュンとした」、黒川からは「私が『何かやって』と頼んだときに、文句言わずやってくれる人にキュンとします」との回答も飛び出し、会場を沸かせた。

 会見では『愛しい嘘』というタイトルに掛け、キャスト陣に《最近ついたうそ》や《ずっとついているうそ》について告白してもらうことに。波瑠は「数年間ずっと、毎日嘘をついてます(笑)」と即答。「家に犬がおりまして、毎日『すぐ帰ってくるから! じゃあね!』と言って出掛ける」そうで…。

 林は「15歳で事務所に入った頃、オーディション用プロフィールの“特技”欄に、かじったことがある程度の書道とギターを書いた」と白状。溝端は「溺愛している姪っ子に『好きなアイドルがいるから、サインもらってきて』と頼まれ、全然ツテもアテもないのに、『分かった! オレに任せておいて』と言っちゃった」、本仮屋は「中学の時にテニス部を途中退部したのに、最後までやり切った風を34歳まで装っていた」、黒川は「数年前に食器を割ったことを正直に言えなくて、同じものを探して買いに走って、今日まで家族にはバレずに過ごしている」、新川は「小さい頃、父親に『メンマは割り箸を醤油で漬けたものだ』と教えてもらっていた。その嘘を最近、地元の友達の子どもに伝えたらすごく信じた」と個性的なうそが明かされた。

 金曜ナイトドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』は、テレビ朝日系にて1月14日より毎週金曜23時15分放送。

コメントは受け付けていません。