山田涼介、“大怪獣のあとしまつ”方法は焼き肉?「日本全国から人を集めて」(クランクイン!)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:クランクイン!

Hey!Say!JUMPの山田涼介が9日、都内で行われた主演映画『大怪獣のあとしまつ』ウルトラプレミアイベントに共演の土屋太鳳、濱田岳、オダギリジョー、西田敏行、三木聡監督と共に出席。本作の内容にちなみ“あとしまつしたいこと”を明かした。

【写真】土屋太鳳、山田涼介との共演に感謝

 本作は、松竹と東映が史上初となるタッグを組んで製作した、特撮映画を全く新しい切り口で描く、完全オリジナル脚本の空想特撮エンターテインメント。死んだ後の怪獣のあとしまつにスポットを当て、特撮映画の誰も見たことのない“その後の世界”を描く。

 本作の内容にちなみ「現実に大怪獣の死体が現れたらどのようにあとしまつをするか?」と質問されると、山田は「えぇ~?」と悩みながら「日本全国から人を集めて、この怪獣で焼き肉じゃないですか?」と回答。「『みんな集合!』って言って、みんなでちょっとずつ切って『この部位おいしいね』みたいな話をしながら焼き肉できたらいいなと思います。おいしかったらですけど」と想像を膨らませた。

 MCの青木源太アナウンサーから「Hey!Say!JUMPのメンバーで怪獣の上に乗って、歌って踊ってっていうのはどうですか?」と提案されると、山田は「青木さんを司会にしたの間違いじゃないですか?(笑)」と笑いながら「足元が不安定なのでちょっと踊るのは厳しいかなと思います」と答えた。

 さらに、“今年中にあとしまつしたいこと”について山田は「引っ越しのダンボールですね」とコメント。最近引っ越しをしたというわけではないが、いくつか未開封のダンボールがあるといい「開けてないまま何が入ってるんだろう?って。そのままダンボールごと引き出しにしまっちゃってるので、これをちょっとでも開けたいな、と思ってます」と答えた。

 一方、土屋は「良い意味で人間関係」と告白。ネガティブな意味ではない、と補足し「ありがたいことに、忙しくさせていただいていて。お世話になった方、ご縁のあった方にお礼を伝えられていないので、しっかりお礼を伝えて良い未来に繋げていけたらな、というポジティブな人間関係です」と語った。

 現場では良い空気感だったそうで、山田について土屋は「こんなに役が染み込んでいる方がいるんだ、と思うくらい。ご一緒させていただいてありがたかったです」と感謝。山田は「ありがとうございます。恐縮です」と頭を下げていた。

 映画『大怪獣のあとしまつ』は、2月4日より全国公開。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                      バ イ セ ル

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。