佐野勇斗&白石麻衣W主演!『嘘喰い』スピンオフ配信決定 予告&ビジュアル解禁(クランクイン!)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:クランクイン!

俳優の佐野勇斗と女優の白石麻衣がダブル主演を務めるドラマ『嘘喰(うそぐ)い ‐鞍馬蘭子篇/梶隆臣篇‐』が、dTVにて2月11日より独占配信されることが決定。併せて予告映像、ポスタービジュアル、場面写真が解禁された。

【動画】『嘘喰い ‐鞍馬蘭子篇/梶隆臣篇‐』予告編

 本作は、映画『噓喰い』の人気キャラクターたちによる、もう一つの“だまし合いゲーム”を描くオリジナルドラマ。

 2月11日公開の映画『嘘喰い』は、迫稔雄によるシリーズ累計880万部突破の同名漫画を実写化。会員制の闇倶楽部「賭郎(かけろう)」を舞台に横浜流星演じる天才ギャンブラー・斑目貘が史上最恐のデス・ゲームを繰り広げる姿を描く。

 映画公開と同日から全4話で配信される本作は、貘と出会い、借金まみれの人生が一変、裏社会でのし上がっていく青年・梶隆臣と、サディスティックな最狂女組長・鞍馬蘭子の2人が、親友、クズ親、あらがえない過去といった、それぞれ背負うもののために、究極のだまし合いゲームに挑む様を描く。

 映画同様、梶隆臣を演じるのは佐野勇斗。映画では貘の相棒として行動を共にする梶が、ギャンブラーとして成長していくきっかけのゲーム「セブンポーカー」に挑む。過去に自分を捨てたクズな母親との対峙(たいじ)、幼なじみとの淡いロマンスなど、ドラマでしか見られない梶を佐野が熱演。

 そして鞍馬蘭子を演じるのは白石麻衣。客から金をむしり取る闇カジノを仕切る女組長の蘭子が、大切な親友のために、過去の敵と再び対峙するドラマオリジナルストーリーが展開する。手に汗握る頭脳心理バトルをはじめ、蘭子の知られざる過去や最狂女組長としての“ドS”全開シーンも描かれる。

 さらに蘭子の腹心の部下・レオ役の森崎ウィン、梶の専属立会人・夜行妃古壱役の村上弘明といった映画版のキャストに加え、dTV版オリジナルキャストとして、蘭子の対戦相手となる浪速組組長・岩城役に西村和彦、梶の対戦相手となる闇カジノオーナー・鮫丸役を忍成修吾が務める。

 映画で監督を務めた中田秀夫がドラマ版の監修を務め、「梶隆臣篇」は原作の人気エピソードを基に、蘭子が主人公となる「鞍馬蘭子篇」は完全オリジナル脚本でドラマ化。映画から見てもドラマから見ても楽しめるストーリーとなっている。

 予告映像は、見る者を“究極のだまし合いゲーム”へと引きずり込むような、不敵な笑みを浮かべる梶と蘭子の表情から始まる。「俺の命を賭けます」と言い放つ梶、ヒールで痛めつけながら「いい度胸してんじゃん」とたんかを切る蘭子の姿からは、それぞれの戦いの背景にあるドラマも見え隠れしており、果たして2人はゲームの勝者となれるのか、早くも期待をあおってくる。

 ポスタービジュアルは、カードが舞う中、正面を見据える梶、上から見下ろす蘭子それぞれの視線が、まさに“うそを食らう覚悟”をこちらに突き付けてくるような迫力に満ちている。

 ドラマ『嘘喰い ‐鞍馬蘭子篇/梶隆臣篇‐』は、dTVにて2月11日より独占配信。

【広告】

                                株式会社宝島社

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。