札幌で「PIXARのひみつ展」開催決定! キャラクターに触れて一緒に写真撮影OK(クランクイン!)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:クランクイン!

ピクサー・アニメーションを支える“科学”に迫る展覧会「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」が、4月19日(火)から期間限定で、北海道・札幌市にある札幌芸術の森美術館で開催される。

【写真】ウォーリーとも撮影OK! 「PIXARのひみつ展」の様子

■“PIXARのひみつ”に触れていく展覧会

 「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」は、ピクサー・アニメーションの制作の舞台裏に初めて迫り“PIXARのひみつ”を解き明かしていく展覧会。ピクサー・アニメーション・スタジオとボストンサイエンスミュージアムが共同開発した本展は、北米で2015年に始まり、アメリカ、カナダを巡回した後、2019年4月にアジアで初めて東京で開催された。次いで新潟、大阪ほかでも行われ、ついに北海道に上陸する。

 本展では、ピクサー・アニメーション制作のカギとなる8つの工程(モデリング/リギング/サーフェイス/セット&カメラ/アニメーション/シミュレーション/ライティング/レンダリング)を、触れる展示(ハンズオン)で実際に体験することが可能。

 8つの工程の中には、平面を回転させ立体をつくる展示や、コマ撮りアニメーションの撮影ができる展示、プログラミングされた魚の群れの行動をコントロールする展示などが用意され、参加者は体験展示を通して、知らず知らずのうちに“PIXARのひみつ”に触れていく。

 また、ピクサー本社から直送された本物のレジンキャスト模型や、スタッフによる作品づくりの裏話や苦労話など本展でしか見られない貴重な映像も楽しむことができる。

 さらに、キャラクターに触れて一緒に写真を撮れるスポットも多数用意。人気キャラクターたちは、本展覧会のために非常に精巧につくられたそうだ。

【「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」概要】
日程:4月19日(火)~6月28日(火) ※4月25日(月)休館
時間:9時45分~17時00分 4月、5月 /9時45分~17時30分 6月 ※最終入館は閉館の30分前
場所:札幌芸術の森美術館

【広告】 更年期?

《経典薬方》金匱腎気丸

<

・足のむくみを取りたい方に
・足腰が弱ってきたと感じる方に

腰や膝の痛みや衰え、足のむくみなどの改善に

コメントは受け付けていません。