すゑひろがりずが「第七回上方漫才協会大賞」大賞受賞!本当に驚くと鼓は鳴らない(お笑いナタリー)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:お笑いナタリー

本日1月10日に大阪・なんばグランド花月で「第七回上方漫才協会大賞」の授賞式が行われ、すゑひろがりずが大賞を受賞した。

【画像】「第七回上方漫才協会大賞」(他2件)

大賞には、この1年の芸人たちの活躍を見てきた吉本興業の各セクションに所属するプロデューサーによる推薦で合計53組がノミネートされ、最終ノミネートとしてロングコートダディ、ニッポンの社長、コウテイ、ニューヨーク、すゑひろがりず、オズワルド、蛙亭、空気階段の8組が登壇。その中から名前を呼ばれたすゑひろがりずは「えー!」という表情を見せ、金テープが噴射しても驚くばかり。MCを務めたアインシュタイン河井は「本当に肝心なときには鼓は鳴らない!(笑)」と彼らの素のリアクションを解説した。

三島は「(最終ノミネートの)このメンバーの中ではけっこう先輩で。今回なければもう(受賞は)ないだろうなという感じがしていた」と語ったのち、間を空けて「うれしいですぅ」とコメント。南條も「こういうスタイルというのは特に大阪では評価されないというか、しゃべくりでやるのが評価されて、心のどこかで絶対受賞はないと思っていた」と述べ、「本当に……うれしいですぅ」と三島と同じシンプルな言葉で喜びを表現している。

芸歴8年目以下を対象とする新人賞にはダブルヒガシ、ドーナツ・ピーナツ、フースーヤ(当日は都合により欠場)、素敵じゃないか、ナイチンゲールダンス、そしてヨネダ2000がノミネートされており、ネタバトルの結果、ドーナツ・ピーナツが獲得した。一言求められたピーナツは「1月30日に単独ライブあります!」と告知し、会場の反応を察して「ちょっとミスりました!」と大焦り。河井に「声が細すぎて!」と指摘されると「緊張するくらい(トロフィーが)重いです」と改めて受賞の感慨を語り、ドーナツは「お笑いでこんな賞をもらうことは初めて。なんにもねえ人生だったんで」と無骨なシンガーソングライターを思わせる発言で笑いを誘った。

このほか「話題賞」「文芸部門賞」「トータルコーディネイト部門賞」は下記の通り。「オシャレ芸人ランキング」の1位にはセンリーズきたしろ、「ダサい芸人ランキング」の1位にはエンペラー安井が選ばれ、安井は3年連続の1位獲得で殿堂入りを果たした。

終演後にリモートで行われた囲み取材には上方漫才協会会長の中田カウス、大賞受賞のすゑひろがりず、新人賞受賞のドーナツ・ピーナツが参加。その様子は追って掲載する。

■ 「第七回上方漫才協会大賞」結果
□ 大賞
すゑひろがりず

□ 特別賞
プラス・マイナス

□ 話題賞
オズワルド / オダウエダ

□ 文芸部門賞
ヘンダーソン / ツートライブ / マユリカ / 滝音 / カベポスター

□ トータルコーディネイト部門賞
なにわスワンキーズ / ラニーノーズ / ゆにばーす

□ オシャレ芸人ランキング
1位:センリーズきたしろ
2位:コウテイ九条ジョー
3位:黒帯てらうち
4位:エンペラーにしやま
5位:令和喜多みな実・野村
6位:ニッポンの社長・辻
7位(同率):見取り図・盛山
7位(同率):ポートワシントン笠谷
9位:ラニーノーズ山田
10位:五臓六腑ソウタヤマモト

□ ダサい芸人ランキング
1位:エンペラー安井
2位:センリーズ・テコンドー近藤
3位:ニッポンの社長ケツ
4位:なにわスワンキーズ・こじまラテ
5位:ビスケットブラザーズ原田
6位:コウテイ下田
7位:翠星チークダンス木佐
8位:ネイビーズアフロみながわ
9位:うただ一石
10位(同率):ニッポンの社長・辻
10位(同率):ヤマトタケル川口

【広告】

おいしく・楽しく

                                【カロセーブ】

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。