「モデルでもドカ食いしてしまう…」体を鍛える女性へのアンチも気にせず挑む美ボディ大会「幸福度を高め明るく生きたい」(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

先ごろ、全身の適度な筋肉と夏らしい小麦色の肌の美しさを競うボディコンテスト『サマー・スタイル・アワード(SSA)』の埼玉大会が開催された。モデルとして活動中の石田みかさん(24)は、女性らしい優雅さと美しいボディが審査されるビキニモデル部門に出場。「ドカ食いしてしまう」という彼女は、3ヵ月で5キロ減量しコンテストに向けて整えた美ボディを披露した。

【写真】ハイレグビキニで美尻があらわに…ジューシーボディの美モデル・石田みかさん

◆ドカ食いしたくなるときも…オフの時期と減量期では、洋服がワンサイズ違う

――モデルとして活動しながらコンテストに出場する理由を教えてください。

【石田みかさん】 3年前にSNSの仕事でスポーツジムトレーナーのアンバサダーになりました。その時に、初めてパーソナルトレーニングに行ったことがきっかけで、筋トレを始めました。そのトレーナーさんに勧められ、ボディメイクを始めて3ヵ月で出場した最初のコンテスト『ベストボディジャパン 2019 長野大会』で優勝することができました。それから1年に2大会くらい出場して、今年で3年目です。

――比較審査されるコンテストへの不安はなかったのでしょうか?

【石田みかさん】 それまでコンテストを見たこともなくて、どんなものなのかよくわかっていなくて。軽い気持ちで出ちゃいました(笑)。確かに順位がつけられる競争ではあるのですが、「出場するからには優勝してやる!」くらいの気持ちでいました。

――モデルという職業柄、普段からスタイルには気を配っていると思いますが、コンテストに向けて減量をしますか?

【石田みかさん】 2~3ヵ月で5キロくらい落とします。でも、一気に減量をしていないので、そんなに体に負担はないです。でも私、問題児でトレーナーさんに内緒でドカ食いしてしまうんです(笑)。その度に、「やる気はあるの?」と言われたり、プレッシャーをかけられたりします。でも、食べてしまった分はトレーニングと食事制限をして、ちゃんと目標を達成するために頑張ります。

――モデルでもコンテスト前はスタイルが違うんですね。

【石田みかさん】 コンテストがないオフの時は、今より5キロくらい太っていることもあって。でも、女性の5キロ増減は、洋服がワンサイズ違ったりして大変なのですが、オフの時期に着る服、減量期に着る服と分けています。

【広告】

 

        美顔専門店のフェイシャルケア

基礎化粧品会社イービーエム直営の

肌にやさしいフェイシャルサロン。



コメントは受け付けていません。