米倉涼子、「新聞記者」で初タッグ藤井監督の粘り強さに「つらいときも」(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:映画.com

米倉涼子が主演するNetflixオリジナルシリーズ「新聞記者」のワールドプレミアイベントが1月10日、都内のホールで行われ、米倉と綾野剛、横浜流星、藤井道人監督が出席した。

【フォトギャラリー】Netflix版「新聞記者」<場面写真>

 2019年6月に劇場公開された映画「新聞記者」は、近年の政治事件やスキャンダルに正面から切り込み、タブーに挑戦したといわれる衝撃的な内容とスリリングな展開が大きな話題を呼んだ。今作は、Netflixと「新聞記者」「宮本から君へ」を世に放った映画会社スターサンズがタッグを組んでドラマ化したもの。キャストを一新し、新たな物語として全6話で製作された。

 “新聞業界の異端児”と呼ばれる東都新聞社会部記者・松田杏奈を演じた米倉は、藤井監督との初タッグに「わたしは藤井監督とお会いするのが初めてなので、どういう撮影をするのか全く分からないまま飛び込んでいきました。スタッフも若い方が多くて、ほとんど最年長に近いくらいだったのに、引っ張っていけない自分がいて。しかも粘り強さでいったら横に出る者がいない藤井監督……、つらい時もありましたね」としみじみ。それでも、「この監督について行こう、委ねようと思ったのが、どんな質問をしても返ってくるし、どんな時も自分の意見がある。そしてどんな時もこうしてほしいという思いが伝わる。そんな監督に出会えて本当にラッキーでした」と述懐。さらに「きっとここにいる95%の方が、ものすごく元気で、強くてパワフルな米倉を想像すると思います。ただ今日はこんな格好をしていますけど、(劇中では)対照的な役をしておりますので。我慢した部分も多かったですけど、いい経験をさせていただきました」と付け加えた。

 一方、映画「ヤクザと家族 The Family」や、フジテレビ系のドラマ「アバランチ」でも藤井監督とタッグを組んだ綾野は、藤井監督の粘り強さについて「平常運転ですね」と語ると、「ちゃんと意見があるとか、ちゃんと答えてくれるというのは当たり前だと思いがちですけど、当たり前じゃないですよね。だから本当にそうだなと思いました」と米倉の言葉に深くうなずいた。

 この日は成人の日ということで、会場には10代から20代の若者を中心とした観客が集っており、彼らからの質問を受け付けることとなった。その中のひとりからは、「自分がやりたいことができるのだろうかという自信がない。そういうときはどう乗り越えますか?」という質問が。それには「わたしも自分の仕事が天職だと確信したことがないんですよね」と返答した米倉。「やってやるという思いと、せっかくやり続けたことなので、やり通したいという思いがあります。わたしは隣の芝がよく見えるタイプで、自分に納得したことがない。あの人の方がいいなといつも思っちゃうんですよね。ということは、自分にまだまだ足りないと思うことが多くて。悔しいな。じゃ越えてやろうという思いでやっているんです。そういう気持ちが湧かないと次のエネルギーにならないし。どんな壁やつらい思いも経験してみないと分からないことなんで。これからもっと泥まみれになってください。そうしたら大人になってからも楽になれる気がします」とアドバイスした。

 その後も「映像の世界に入りたい」「俳優として台本をどう読むか」「仕事のモチベーションをどう上げる?」など、気軽に答えられないようなしっかりとした質問が次々と寄せられ、タジタジになりながらも、真摯に答えた米倉ら。会場の若者たちも登壇者たちの言葉に熱心に耳を傾けていた。Netflixオリジナルシリーズ「新聞記者」は1月13日から全世界同時独占配信。

【広告】

女性用ふんどしショーツ

    【癒されねむりふんどし】
女性のキレイは【睡眠中のふんどし】が作るらしい!? 

「解放感が心地よくて、もう普通の下着に戻れない。」

という声が続出! 人気の秘密は?

↓  ↓  ↓



コメントは受け付けていません。