宮沢りえ“ノースリワンピ”で二の腕チラリ 紅一点で魅了(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

俳優の窪田正孝、宮沢りえ、赤楚衛二、坂下雄一郎監督が8日、都内で行われた映画『決戦は日曜日』の公開記念舞台あいさつに出席。紅一点で参加した宮沢は、ピンクのノースリーブワンピース姿を披露し、観客を魅了した。

【全身ショット】窪田正孝、赤楚衛二も出席した舞台あいさつ

 本作は、突然父の地盤を引き継ぎ出馬することになった政治素人の令嬢・川島有美(宮沢)の選挙を巡り、私設秘書・谷村勉(窪田)ら、ことなかれの主義の議員秘書たちが奮闘するポリティカル・コメディー。

 私設秘書を演じた主演の窪田は「もし自分がマネージャーの立場だったらどう動くかな、というのを意識しました」と役作りを振り返りながら「(マネージャーが意見を)言いやすい環境を、こちら側が作らなきゃいけないと思いました」心境の変化も明かした。

 本格的なコメディー作品に初めて参加したという宮沢は「これがコメディーだということを意識せず、有美として目の前に起こる疑問に対して純粋に行動して、真っ直ぐなピュアさを大事にしました」と回想。

 さらに宮沢は「皆さんのリアクションが面白くて監督に『こういうことをやってみたい』と提案したら『いらないです』と即答されることが毎日あって(笑)」とちゃめっ気たっぷりに明かし、「それで諦めてピュアに、正直に、真っ直ぐに演じようと心に決めてやっていました」と自虐まじりに告白。これには坂下雄一郎監督も申し訳なさそうに頭をかいていた。

【広告】 更年期?

《経典薬方》知柏八味丸

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、     肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。