神木隆之介、“他人視点の自分”と出会う「不思議な体験」 『撮休』シリーズインタビュー(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

俳優の神木隆之介(28)が“架空の神木隆之介”を演じる『WOWOWオリジナルドラマ 神木隆之介の撮休』が、WOWOWプライムにて放送中・WOWOWオンデマンドにて配信中(各話放送終了後、アーカイブ配信<全8話>)。このドラマを見て、「同業者にニヤニヤしてもらいたい、そんな初めての感覚があります」と、笑みを浮かべる。

【画像】『神木隆之介の撮休』場面写真

 神木といえば、1995年のデビュー以来、数々のドラマ・映画・CMなどに出演。映画『桐島、部活やめるってよ』、ドラマ「SPEC」シリーズをはじめ、2021年現在、歴代邦画興行収入ランキングの第2位『千と千尋の神隠し』、第3位『君の名は。』、第5位『ハウルの動く城』のいずれにも出演しているなど、数々の話題作で確かな演技力を発揮してきた。

 2021年は、ドラマ「コントが始まる」、映画『るろうに剣心 最終章The Final』、映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』、映画『100日間生きたワニ』、映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』、舞台「パ・ラパパンパン」など、映画、ドラマ、アニメ、舞台と幅広いジャンルの作品で、目覚ましい活躍を見せた。

 2022年の活躍にも注目が集まる神木にとって、昨年後半に撮影した『神木隆之介の撮休』は、“他人視点の自分”と出会う「不思議な体験」だったという。そして、「ニヤニヤしてもらいたい」と「同業者」とは主に、菅田将暉(28)や仲野太賀(28)ら同年代の役者たち。「彼らに『○○に出ている神木、なんかいいじゃん』って言ってもらえるような役者になりたいんです」と話す。

■ドラマの中の“神木隆之介”がうらやましい

――俳優の知られざる“オフの姿”をクリエイターたちが妄想を膨らませて描き、主人公となる俳優を本人が演じるパラレルストーリーのオムニバスドラマ「撮休」シリーズ。『有村架純の撮休』(2020年3月~5月)、『竹内涼真の撮休』(2020月11月~20年12月)に続く、第3弾にして、過去一の“リアリティ”を感じたのですが、ネタ出しみたいなことはされたんですか?

【神木】休みの日の過ごし方や好きなことやものの話はたくさんしました。しばらくしてあがってきた台本を読んだら、どれもすごく面白かったです。自分はこんなふうに思われているんだなというのがひしひしと伝わってきましたし、こういうイメージがあるからそれをひっくり返したいんだな、というのも透けて見えたりして(笑)。自分以外の人が抱いた僕のイメージが作品として表現されるなんて初めてのことなので、不思議な体験でした。

 フィクションなのかノンフィクションなのかわからないようにするというのは、意外と難しかったところではあったんですが、役作りみたいなことは一切していないんです。いつもの自分のまま撮っていったので、それがすごく良かったのかなって、完成したものを見て思いました。

 全8話ありますけど、全部思い出に残るような撮休で、こんなふうに過ごせたらいいですよね。このドラマの中の“神木隆之介”がうらやましい限りですよ。

――実際の撮休とは違うんですか?

【神木】違います。こんなに充実した撮休はないですね(笑)。悪天候とか、前日撮り切れなかったシーンを優先させたいとか、いろんな理由で撮休になったりしますけど、そんなに気を抜けないですからね。明日は休みでも、明後日は撮影があるわけですし。どこか出かけて、帰ってこられなくて、翌日の撮影に穴をあけるわけにはいかないから、ちょっとゆっくりできるね、くらいの感覚。映画やドラマがクランクアップして、お休みをいただくのとは全然違います。第8話「遠くにいる友人」ではだいぶ遠出していますけど、「ちゃんと帰ってこられるかな?」って思ってしまいました(笑)。

――池田鉄洋さんが演じるマネージャーの祝崎から「明日撮休になった」と伝えられる各話オープニングシーンの掛け合いも見どころですね。

【神木】オープニングシーンは台本がなかったんです。例えば、撮休になって「彼女とデートに行ける」と実は喜んでいる祝崎とか、土下座する祝崎とか、テーマを決めて、あとはエチュードでした。

【広告】 更年期?

《経典薬方》天王補心丹

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。