「5人に1人がプロデビュー」令和の“トキワ荘”、プロ漫画家を生むシステム構築と功績(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

2006年に設立されたプロの漫画家を目指すクリエイターを支援する「トキワ荘プロジェクト」。手塚治虫などの昭和を代表する漫画家たちが若手時代に暮らし切磋琢磨したアパート「トキワ荘」を彷彿とする同プロジェクトが、15周年を迎えた。設立の背景や現代の漫画家に必要なことについて、責任者である特定非営利活動法人NEWVERYの菊池氏に話を聞いた。

【写真】明るく開放的で住みやすそう…“令和”のトキワ荘プロジェクト内観

◆漫画家は孤独な作業だからこそ、オフライン・オンラインでつながるコミュニティが重要

――今年15周年を迎えました「トキワ荘プロジェクト」は、どのような経緯でスタートしたのでしょうか?

【菊池さん】 これまで漫画家としてプロデビューをするためには、出版社が集中する東京に住むことが王道のルートでした。自分のマンガを制作しながら、東京に住む漫画家のアシスタントをして、出版社に持ち込むという流れが通例でした。そこで、収入が十分でない若手の漫画家のために、手頃な料金での住まいを提供する事業としてスタートしました。

――どのようなバックボーンのもと、プロジェクトが始動したのでしょうか?

【菊池さん】 私自身が、漫画家を目指していたという過去があります。漫画家は孤独な作業でありながらオフライン・オンラインでつながるという手段も少なく、周囲に理解を得られにくい職業でした。それは今も変わらない部分はありますが、特に理解者の必要性を強く感じていました。私の場合は、そういった環境で集中して漫画を描きたいという想いもあり、漫画関係の学校に通いました。漫画を描いていることを肯定され、励まされる空間を実体験し、漫画家を目指す者同士のコミュニティの重要性を知り、「トキワ荘プロジェクト」の設立へと繋がりました。

――支援内容について教えてください。

【菊池さん】 「住居」「成長」「仕事」の3つのプログラムで構成しています。住居支援では、東京を拠点としたシェアハウスで、同じ目標を持つ仲間とのコミュニティの場を提供しています。そして成長支援としては、マインドセット研修や定期的な審査を行い、PDCAサイクルを自ら回し、セルフマネジメントができるように、ビジネス界の人材育成の技法を応用し、プログラム化しています。また仕事支援では、NEWVERYが受託した漫画・イラスト・アニメーション関連の制作業務を通じてチームとして働き、実践的な技能や職業観を養っていきます。

――「トキワ荘プロジェクト」の現在について教えてください。

【菊池さん】 開始から今年6月までは、民家をシェアハウスとして利用していたため、1棟あたり5、6人の制限がありました。今年6月に40人規模の大型シェアハウスを開設し、多様なバックグラウンドを持つ漫画家志望者と出会い、成長できる住まいを実現しました。ハード・ソフトの両面での施策が有機的に結合し、人間的な面での成長につながっていると感じています。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

         【ETC協同組合】

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。