山口紗弥加、40歳を迎えて感じた「悩みから解放された感覚」 精神的にもタフに(クランクイン!)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:クランクイン!

『青のSP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐』(カンテレ・フジテレビ系)や『おかえりモネ』(NHK)、『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系)と2021年も人気ドラマへの出演が相次いだ山口紗弥加。1月7日から放送されるドラマ24『シジュウカラ』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)では、18歳年下の青年と恋に落ちる40歳の漫画家役に挑戦する。ドラマのタイトルにもなっている“シジュウカラ”の生き方への思いや撮影を通して感じた共演者・板垣李光人の魅力を語ってもらった。

【写真】カッコよくてかわいい! 山口紗弥加、撮り下ろしショット

 本作は、坂井恵理による同名コミックを原作とした年の差ラブストーリー。山口が演じる、売れない漫画家の綿貫忍が、漫画家としての再ブレイクを機に出会った18歳年下の青年・千秋に心惹(ひ)かれ、自身の人生観と向き合っていく姿を描く。監督は、映画監督として多種多様な女性を描いてきた大九明子が務める。

 「18歳差の恋を、ファンタジーにはしない。リアルな感情、物語のリアリティーを大切に、原作の漫画の世界を生身の人間が演じることで自分の感情に嘘をつかないようにと考えながら撮影をしています。例えば台本に描かれている描写だとしても、演じてみて心情的に難しいなと感じたら、監督やキャストの皆さんと話し合いながら変更したり…」と本作の撮影について話す山口。

 現在、「ひらめきの天才・大九監督から“ここで、こんな演出をされるんだ!?”と日々、未知なる刺激を頂きながら撮り進めています」と鋭意撮影中の山口だが、撮影前には「(芸歴)28年目にして初めて、台本を開いて読んでいるはずなのに全く頭に入ってこない状態で。思考が停止してしまって…」と“スリープ状態”に陥ったと回顧する。

 「忍は、母親や妻としての責任や呪縛から、自分の中にある願望や熱意を自ら抑え込んでいる状態でした。そんな状態を長く続けてきた結果、自分の頭で物事を考えるのを放棄してしまったんだと思います。そんな忍とリンクしたのか分かりませんが、私も思考停止になってしまった。自分でも不思議な体験でした。でも、忍が千秋に出会い、不意にやってきたセカンドチャンスによって自分を取り戻していくにつれ、私の頭ものろのろと働き始め、心が動き出すようになって…。忍と完全にリンクしていたように思います」。

◆“恋のお相手”板垣李光人は「見惚れてしまうほど美しい」

 今回、忍の恋の相手である千秋を演じるのは、板垣李光人だ。『仮面ライダージオウ』のウール役で注目を集め、NHK大河ドラマ『青天を衝け』では徳川昭武役を好演し話題を呼んだ。

 山口は、板垣の印象を「見惚れてしまうくらい美しい」とため息まじりに語る。そして、「19歳とは思えないほど、大人の落ち着きを持っていて、その佇まいには、触れてはいけない領域の美しさがあるんです。だから、撮影中も気安く話し掛けられない(笑)。忍が見惚れるような描写があったのですが、そのシーンの後はなぜだか猛烈に恥ずかしくなってしまって、全くお顔が見られなくなってしまいました(笑)。私自身も忍になったような思いで演じています」と絶賛。

 忍が千秋とお酒を飲みに行った後、千秋から誘惑されるシーンの撮影では「大九監督から『ピンク色の何かを胸に持って、板垣さんに対抗してください』という演出があって…ピンク色の何かって…一体なに!?と思いながらも、板垣さんに確かにときめいていた自分がいました」というエピソードも。「きっと、視聴者の皆さんも板垣さんに魅了されると思います。皆さん、板垣さんに恋をしてください!」と呼びかけた。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                  買取プレミアム

がおすすめ



コメントは受け付けていません。