乃木坂46・遠藤さくら、賀喜遥香ら8人が新成人「大人数で成人式を迎えられてうれしい」(クランクイン!)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:クランクイン!

乃木坂46の2022年度の新成人である久保史緒里、阪口珠美、中村麗乃、遠藤さくら、賀喜遥香、金川紗耶、北川悠理、佐藤璃果が7日、東京・乃木神社にて振袖姿をお披露目。本記事では4期生の遠藤、賀喜、金川、北川、佐藤のコメントを中心に紹介する。

【写真】乃木坂46新成人の晴れ着姿 久保史緒里、遠藤さくら、賀喜遥香、阪口珠美、中村麗乃、金川紗耶、北川悠理、佐藤璃果

 乃木坂46恒例の成人式を行ったこの日。今年は3期生の久保、阪口、中村、4期生の遠藤、賀喜、金川、北川、佐藤の8名が振袖姿で登場した。

 赤い振袖姿の遠藤は「私は早く大人になりたい、早く20歳を迎えたいなとずっと思っていたので、ついに20歳を迎えることができてすごくうれしく思っています。今回8人の大人数で成人式を迎えられてとてもうれしく思っています」と新成人を迎えての心境をコメント。

 紫の振袖を着た賀喜は「正直、誕生日を迎えて『あなたは今日から20歳です』と言われても、大人になったのかわからなくて。でも今になって20年生きてきた経験とか染みついたものが出てきている気がして『ちゃんと大人になってるんだな』って思うことが多いです。これからどういう大人になっていくのか、とても楽しみだなと思っています」と笑顔を浮かべた。

 佐藤は水色の振袖姿で、「まだ誕生日を迎えてから実感が湧いていなかったんですけど、こうしてみんなと成人式をさせていただいて、改めて成人という実感が湧きました。これからもっと、大人としても乃木坂46の一員としても頑張っていきたいと思います」と宣言。

 赤い花柄の振袖姿の北川は「今までの人生をのびのびと生きてきてしまったもので、大学生になったときも20歳になっても大人になったという実感が湧いていなかったんです。でもこうして8人も同じ時に成人式を迎えられる先輩だったり仲間がいることがとてもうれしいですし、心強くて奇跡のような1日だなと感じています」と喜びをかみ締めた。

 また、オレンジの振袖を着た金川は「乃木坂46の活動をしていて笑顔になったり、個人の仕事でもグループの活動に対してもたくさん貢献できるようになりたい気持ちが大きいです。関わってくださっている方々には全員幸せになってくれるような、私から笑顔を届けられるようになりたいと思います」と2022年の抱負を語っていた。

 さらに、久保が自分たちを“新・花の2001年組”と自称したことで、強みを聞かれた場面では、賀喜が「21世紀生まれ(が強み)。21世紀になったときに生まれたので、歴史のパワーに満ち溢れているのが強みだなと思います。8人分の歴史パワーがあるので」と答え、報道陣の笑いを誘った。

【広告】

女性用ふんどしショーツ

    【癒されねむりふんどし】
女性のキレイは【睡眠中のふんどし】が作るらしい!? 

「解放感が心地よくて、もう普通の下着に戻れない。」

という声が続出! 人気の秘密は?

↓  ↓  ↓



コメントは受け付けていません。