ニューヨーク・タイムズが選ぶ2021年の映画ベスト10(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

米ニューヨーク・タイムズ紙が2021年の映画ベスト10を発表した。

 選考を行ったA・O・スコット記者によれば、現在世界で蔓延している不正直さや自己満足、卑屈さといったさまざまな問題に対して、できる限りの抵抗を試みている映画が心に響いたという。また、これらは映画の重要性を再認識させてくれたとも語っている。

 7位にランクインした濱口竜介監督の「ドライブ・マイ・カー」に関しては、「濱口監督は人と人との繋がりの複雑さについて、控えめでありながら重層的な瞑想を構築している」と絶賛している。

 ニューヨーク・タイムズが選ぶ2021年映画ベスト10は以下の通り。

1位「サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)」(アミール・“クエストラブ”・トンプソン監督)
2位「アンラッキー・セックスまたはイカれたポルノ(仮題)」(ラドゥ・ジューデ監督)
3位「パワー・オブ・ザ・ドッグ」(ジェーン・カンピオン監督)
4位「Petite Maman(原題)」(セリーヌ・シアマ監督)
5位「Bring Your Own Brigade(原題)」(ルーシー・ウォーカー監督)
6位「Bergman Island(原題)」(ミア・ハンセン=ラブ監督)
7位「ドライブ・マイ・カー」(濱口竜介監督)
8位「MEMORIA メモリア」(アピチャッポン・ウィーラセタクン監督)
9位「ウエスト・サイド・ストーリー」(スティーブン・スピルバーグ監督)
10位「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド」(トッド・ヘインズ監督)

【広告】


週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。