『RIZIN』王者・扇久保博正、シバターVS久保優太“八百長疑惑”一刀両断「あの試合は別枠。同じと考えないでほしい」(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

昨年の大みそかに開催された格闘技『RIZIN.33』(さいたまスーパーアリーナ)で開催された「バンタム級トーナメント」優勝者の扇久保博正が4日、自身のYouTubeを更新し、“八百長疑惑”で話題となっているシバターVS久保優太の試合について一刀両断した。

【試合写真多数】バンタム級トーナメント決勝で朝倉海を下した扇久保博正

 扇久保は『RIZIN.33』の第3試合のトーナメント準決勝で井上直樹、さらにメインの決勝で朝倉海を続けて破り、王者に輝いた。さらにリング上から「ボクと結婚してください!」と交際中の女性にプロポーズして成功し、一夜にして二つの幸せをつかんだ。

 大会の主役となったが、話題になっているのはシバターVS久保の“八百長疑惑”ということで、今回の騒動に動画で言及。「ひとつ皆さんに言いたいのは、あの試合は僕らとは別枠だと思っているので、同じものだと考えないでほしいなと思います」と怒りを込めて表明した。

 今回の騒動はシバターと久保のLINE画面の流出がきっかけとなったが「対戦相手と(試合前に)LINEするのはあり得ないことなので、そこも、論外だなと。仮にそういう打ち合わせをしていたとしても、ダマされて負けたと言ってしまうのは、すごくダサいなと思います」と、シバターのペースにハマった久保に伝えた。

 最後は「私の考えをまとめてみました。もう騒ぐのはやめましょう」と、格闘技の本質ではない話題の収束を願った。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

         【ETC協同組合】

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。