シバターVS久保優太は“八百長”か“陽動作戦”か… 大騒動の経緯を振り返る(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

昨年の大みそかに開催された格闘技『RIZIN.33』(さいたまスーパーアリーナ)で行われた、YouTuberのシバター(36)対K-1元王者の久保優太(34)の一戦が、年を越しても物議を醸している。きっかけは、久保が試合後に暴露した“八百長疑惑”。それぞれが試合後にYouTubeでお互いの主張をぶつけているが、その経緯を振り返る。

【問題の試合写真】“八百長疑惑”が騒動となっているシバターVS久保優太

 試合は『RIZIN.33』第6試合で行われた。1年ぶりのRIZIN参戦となるシバターは、試合前から元K-1王者の久保の打撃に対して恐怖心をあらわにし、自身のYouTubeで「出たくない。戦いたくない。試合は期待しないでください」と自虐発言を連発し、ドタキャンの可能性も示唆。試合前日の公開計量で久保と対面すると、土下座して「手加減してください」と懇願していた。

 

迎えた試合本番、シバターは前年の試合同様にロープを走るパフォーマンスを見せたが、久保の鋭いキックで足を封じられると防戦一方に。それでも見事なカウンターパンチをヒットさせると一気に形勢逆転。体重差を生かしたパンチを効かせると寝技に引き込み、するどい動きで腕ひしぎ十字固めを決めると、久保のセコンドが試合をストップさせ、シバターが2年連続で勝利。「俺が負けると思ってたやつ、ざまぁみろ!YouTuberは強いんだ!」とRIZIN無敗キープを勝ち誇った。

 しかしその後、両者が試合の展開について事前にやり取りしたと見られるLINE画像がTwitterに流出し、“八百長疑惑”が騒ぎになる。元日にシバターはYouTubeの動画で「ハッキリ言いますね。私、シバター、昨日の久保さんとの試合において一切の八百長はしておりません」「スクリーンショットについてですが、全く身に覚えがありません。捏造なんじゃないですか」と疑惑を否定した。

 翌2日、久保は親交のある“青汁王子”こと三崎優太のYouTubeライブ配信に電話出演し、三崎から「八百長はあった?」と聞かれると、「八百長というか台本を持ちかけられた」と告白。シバターからインスタのDMで「顔に打撃を受けると体がしびれる」ため試合を棄権すると伝えられ、その後に電話で「1ラウンドは顔を殴らないで、蹴りはいい」「それをのんでもらえないなら、辞退します」と持ちかけたという。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                      バ イ セ ル

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。