【Netflix映画&テレビシリーズ】いますぐ見られる21年度賞レース作品(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

2021年も、多くのNetflix作品が賞レースを賑わせている。映画.comでは、アカデミー賞やエミー賞の前しょう戦といわれる映画祭、映画賞、批評家賞にノミネートされた、または受賞した21年配信のNetflix映画&テレビシリーズをリストアップ。ぜひチェックして受賞予想を楽しんでもらいたい。

 2017年、カンヌ国際映画祭のコンペティション部門にNetflixオリジナル映画として初めて「オクジャ okja」(ポン・ジュノ監督)、「マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)」(ノア・バームバック監督)が選出された。この決定は物議を呼び、フランスの映画興行界から強い抗議の声が上がっただけではなく、「劇場公開されない作品は映画か」という論争に発展。結局、同映画祭は18年からコンペ出品作はすべて、フランスでの劇場公開を義務付けるようルールを改定した。

 それから4年。いまだNetflixとカンヌとの仲は良好とは言い難いが、Netflixの“映画作品”は世界中の映画賞を席巻し続けている。映画だけではなくテレビシリーズの質も高く、多くの作品がゴールデングローブ賞やエミー賞にノミネートされ、受賞してきた。下記リストにあがった作品には、間違いなく一見の価値があるはずだ。

▽映画
「ドント・ルック・アップ」
「パワー・オブ・ザ・ドッグ」
「tick, tick…BOOM! チック、チック…ブーン!」
「ザ・ファイブ・ブラッズ」
「ロスト・ドーター」
「ザ・ハーダー・ゼイ・フォール 報復の荒野」
「Hand of God 神の手が触れた日」
「PASSING 白い黒人」
「プロセッション 救済への行進」
「ミッチェル家とマシンの反乱」

▽テレビシリーズ
「Lupin ルパン」
「イカゲーム」
「POSE ポーズ」
「ブリジャートン家」
「ザ・クラウン」
「コブラ会」
「エミリー、パリへ行く」
「コミンスキー・メソッド」

【広告】

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

                    「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。