米ピープル誌が選ぶ、2021年のベスト映画10本(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

米ピープル誌が、2021年のベスト映画10本を発表した。

 ウィル・スミス主演「ドリームプラン」、ポール・トーマス・アンダーソン監督作「Licorice Pizza(原題)」、ジェーン・カンピオン監督作「パワー・オブ・ザ・ドッグ」といった賞レースを賑わせている作品のほかに、初のアジア系ヒーローを描いたマーベルの大ヒット映画「シャン・チー テン・リングスの伝説」や、スティーブン・スピルバーグ監督のミュージカル映画「ウエスト・サイド・ストーリー」が挙がっている。

 また、1920年代の米ニューヨークを舞台に、まったく違う生き方をしてきた肌の白い黒人女性ふたりが再会する「PASSING 白い黒人」も選出された。同作は女優レベッカ・ホールが初監督、脚本を務め、ルース・ネッガ、テッサ・トンプソンが主演した。ほかに、ギレルモ・デル・トロ監督が作家ウィリアム・リンゼイ・グレシャムの小説をブラッドリー・クーパー主演で映画化した「ナイトメア・アリー」、ケネス・ブラナー監督が自身の幼少期の体験を投影した自伝的作品「ベルファスト」も選ばれている。

 米ピープル誌が選ぶ、2021年のベスト映画10本は以下の通り。

▽「ウエスト・サイド・ストーリー」(スティーブン・スピルバーグ監督)
▽「ドリームプラン」(レイナルド・マーカス・グリーン監督)
▽「Licorice Pizza(原題)」(ポール・トーマス・アンダーソン監督)
▽「パワー・オブ・ザ・ドッグ」(ジェーン・カンピオン監督)
▽「PASSING 白い黒人」(レベッカ・ホール監督)
▽「シャン・チー テン・リングスの伝説」(デスティン・ダニエル・クレットン監督)
▽「コーダ あいのうた」(シアン・ヘダー監督)
▽「ナイトメア・アリー」(ギレルモ・デル・トロ監督)
▽「ベルファスト」(ケネス・ブラナー監督)
▽「サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)」(アミール・“クエストラブ”・トンプソン監督)

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(防屑配方)


・毛髪に残るフケが気になる方に
・健康的な頭皮と毛髪を維持したい方に

フケ防止用シャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。