「ジュラシック・ワールド」最新作における『ジュラシック・パーク』のキャスト集結に、スティーヴン・スピルバーグが感極まったというエピソードが明らかに(IGN JAPAN)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:IGN JAPAN

『ジュラシック・パーク』で監督を務めたスティーヴン・スピルバーグは、同作のオリジナルキャラクターたちと『Jurassic World Dominion(原題)』で感動的な再会を果たす心の準備ができていなかったようだ。Empire Magazineのインタビューで、『Jurassic World Dominion』のコリン・トレヴォロウ監督が、最新作のシーンがかなり心に訴えることが証明されたと語っている。
トレヴォロウは、「みんな(オリジナルシリーズからのキャラクター)が一緒に姿を見せる瞬間、彼らはジープに詰め込まれています。そして、私がその写真を撮ってスティーヴン(・スピルバーグ)に送ると、彼がかなり感極まっていました。彼でさえ、大好きなキャラクターと人々が一堂に会して一緒に冒険をしているのを目にして、どれほど心を動かされるか準備ができていなかったと思います」と振り返っていた。

「Jurassic World Dominion(原題)」画像・動画ギャラリー

『Jurassic World Dominion』では、1993年に『ジュラシック・パーク』が公開されて以来、初めてサム・ニールとローラ・ダーン、ジェフ・ゴールドブラムが銀幕で一緒にカムバックする。しかし、今回は彼らだけでなく、「ジュラシック・ワールド」シリーズで初登場したクリス・プラットやブライス・ダラス・ハワードらとチームを組む。
トレヴォロウは、「こういった映画では、過去のキャラクターが現代のキャラクターと同じくらい大きな役割を果たしているため、勢いある形ですべてをまとめることはチャレンジを要します。尺が5時間の映画でもありませんからね。全キャラクターが、必要な形で敬意を払われる時間を確保できてよかったです」とも述べていた。
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の4年後が舞台となる『Jurassic World Dominion』では、「ジュラシック・パーク」と「ジュラシック・ワールド」の両3部作の物語が完結する。今回は、遺伝子操作された恐竜たちが世界中の企業に売却されたあと、世界が恐竜の侵略を余儀なくされる展開になるという。

最新作では新登場となるさまざまな恐竜が大暴れする模様で、主人公は大忙しになりそうだ。6500万年の歳月を経て、『Jurassic World Dominion』はファンが待ち望んでいた壮大な幕引きとなるのではないだろうか。
『Jurassic World Dominion』は、2022年6月10日に全米公開予定。日本公開は2022年夏を予定している。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪護髪素(滋養修護)


・髪にツヤや元気がなくなってきたと感じる方に
・健康で美しい髪を維持したい方に

傷んだ髪用のコンディショナーです。
防掉髮洗髮露(強靭配方)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。