ドストエフスキー作品を舞台化、地点×空間現代「ギャンブラー」(ステージナタリー)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:ステージナタリー

地点「ギャンブラー」が1月12日から16日まで神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ、19日から22日まで京都・京都芸術センター 講堂にて上演される。

【画像】地点「ギャンブラー」チラシ裏(他1件)

今回地点が挑むのは、「賭博者」の邦題で知られるドストエフスキーの中編小説の舞台化。ドイツの架空の街ルーレッテンブルクでは、上流階級の人々が賭博に興じていて……。本作の音楽を、空間現代が担当する。

なお神奈川公演では連日アフタートークを実施。12日19:00開演回は湯山玲子、13日19:00開演回は長塚圭史、14日19:00開演回は亀山郁夫、15日15:00開演回は楯岡求美、16日15:00開演回は空間現代・野口順哉をゲストに招き、すべての回に三浦基が出演する。

■ 地点「ギャンブラー」
2022年1月12日(水)~16日(日)
神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ

2022年1月19日(水)~22日(土)
京都府 京都芸術センター 講堂

原作:フョードル・ドストエフスキー 
翻訳:亀山郁夫
演出:三浦基 
音楽:空間現代
出演:安部聡子、石田大、小河原康二、窪田史恵、小林洋平、田中祐気、相生翠

【広告】

【ファイテン公式】

 RAKUWA磁気チタンネックレスで

コリを緩和!




コメントは受け付けていません。