田中圭、“娘”永野芽郁のために熱唱 親子の絆あふれる「そして、バトンは渡された」メイキング映像(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

第16回本屋大賞を受賞した瀬尾まいこ氏の小説を映画化した「そして、バトンは渡された」のメイキング映像(https://youtu.be/KSYtdZH_SBI)が披露された。永野芽郁と田中圭が演じる血のつながらない父と娘、“森宮親子”にスポットをあてている。

【フォトギャラリー】メガネ姿の田中圭!メイキング&場面写真

 「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」の前田哲監督が実写映画化した本作は、血のつながらない親のもとで育った主人公・優子(永野)と、娘を残して失踪した梨花(石原さとみ)の運命が交錯するさまを描く。

 不遇な環境ながらも前向きな主人公・優子を永野、優子の血のつながらない父親・森宮さんを田中が演じた。お互いの印象について、永野は「人との壁がなく気さくに接して下さったので、本当に(田中さんの)存在が大きかったと思います」、田中は「本当に頑張っていて、素敵だなと思いました」と明かす。

 メイキング映像には、卒業式で披露するためにピアノを練習している優子の隣に寄り添い、森宮さんが「旅立ちの日に」を歌唱するシーンを収めている。永野の伴奏に合わせ、田中が心を込めて何度も歌い上げ、優子を心から応援する森宮さんの愛情が伝わるシーンになっている。そのほか、包丁やフライパンを使う田中の貴重な料理シーンも収められている。

 森宮家のシーンは3日間かけて撮影が行われ、永野は「『俺は、そんな森宮さんほど優しくないよ』と(田中さんは)仰ってましたが、私が思う森宮さんのイメージにピッタリで、とても感謝しています」と話していた。

 「そして、バトンは渡された」は10月29日から全国公開。

【広告】 更年期?

《経典薬方》寧心補腎丸

・活力が減退し、不安が原因で落ち着かないと感じる方に
・心身ともに充実した毎日を送りたい全ての方に

滋養強壮のほか、胃腸機能の改善、疲労回復に

コメントは受け付けていません。