マーベル映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』が『マリグナント 狂暴な悪夢』をおさえ2週目週末の興行収入でもトップに!(IGN JAPAN)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:IGN JAPAN

マーベル映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』は、公開2週目の週末でジェームズ・ワン監督の『マリグナント 狂暴な悪夢』を抑え、全米興行収入は3580万ドル(約39億円)を記録した。
Varietyの報告によると、本作の興行収入は、レイバー・デイ週末の全米興行収入が7140万ドル(約78億円)を記録した先週から53%減となった。減少の割合は、今秋の『ブラック・ウィドウ』が2週目の週末で約70%減となったことに比べるとはるかにいい数字だ。

「シャン・チー/テン・リングスの伝説」画像・動画ギャラリー

全世界累計興行収入は、2億5000万ドルの大台を超え、総額2億5760万ドル(約283億円)を記録した。全米累計興行収入は、1億4560万ドル(約160億円)となり、2021年公開映画の中で4番目の数字に達し、少しずつ『ブラック・ウィドウ』の1億8200万ドルに迫っている。
『マリグナント 狂暴な悪夢』は、シャンチーへの挑戦者となる、唯一の新作の大作映画だったが、全米で557万ドル(約6億1000万円)を売り上げるにとどまり、4000万ドル(約44億円)の制作費からは程遠い結果に終わった。しかし、注意しなければならないのは、『シャンチー/テン・リングスの伝説』の方はDisney+で配信されておらず、一方の『マリグナント 狂暴な悪夢』はHBO Maxの登録者なら追加料金なしで視聴できるという点だ。
『マリグナント 狂暴な悪夢』は『フリー・ガイ』の580万ドル(約6億4000万円)すらも下回り、今週末の興行成績で3位となった。残りのトップ5には、『キャンディマン』の480万ドル(約5億3000万円)、『ジャングル・クルーズ』の240万ドル(約2億6000万円)が続いている。

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』の成功によって、ディズニーは2021年11月5日公開のマーベル映画『エターナルズ』を劇場のみとする決断を下したと言われている。
『シャン・チー/テン・リングスの伝説』を詳しく知りたい人は、IGNによる本作のレビューや主演シム・リウが自身のストック写真を使用して映画の成功を疑う人に反撃した件をチェックしてみよう。

【広告】

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

                    「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。