乃木坂46・与田祐希、『日本沈没』出演 小栗旬&松山ケンイチが通う居酒屋の看板娘役(クランクイン!)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:クランクイン!

俳優の小栗旬が主演を務める10月10日スタートの日曜劇場『日本沈没-希望のひと-』(TBS系/毎週日曜21時)に、乃木坂46の与田祐希が出演することが発表された。与田は、ゴールデン帯のドラマおよびTBSドラマに出演するのは本作が初。

【写真】ゴールデン帯のドラマ初出演を果たす乃木坂46・与田祐希

 本作は、1973年刊行された小松左京のベストセラー小説『日本沈没』に大きくアレンジを加え、原作でも描かれていた「環境問題」を、今に照らし合わせて鮮明に描き出す。さらに、主人公を含め登場人物をオリジナルキャラクターにすることで、2023年の東京を舞台に、沈没という目に見えない危機が迫る中で「見いだしていく希望」をテーマに描いていく。

 主演の小栗が、各省庁の優秀な若手官僚たちを集めた“日本未来推進会議”のメンバーに選ばれる環境省の天海啓示役を演じ、同じくメンバーに選ばれる経産省の常盤紘一役の松山ケンイチをはじめ、杏、ウエンツ瑛士、中村アン、風吹ジュン、比嘉愛未、宮崎美子、國村隼、仲村トオル、香川照之といった豪華キャストが集結する。
 
 与田が演じるのは天海(小栗)と常盤(松山)の行きつけの居酒屋の店員・山田愛。未曾有の危機を迎え、緊迫感のあるやりとりを繰り広げる中で、天海たちがホッと一息つけるこの居酒屋は、仕事の緊張感から解き放たれる貴重な場所。そして、その居酒屋で働く山田は天海たちにとって癒しの存在である。一方で、日本が沈没するかもしれないという危機に直面したとき、市井の人である山田はどのように危機に立ち向かうのか。そして、天海らはそんな彼女を見て何を感じ、何を決意するのか…。
 
 『モブサイコ100』(テレビ東京)や『ザンビ』(日本テレビ)などに出演経験があるが、ゴールデン帯のドラマおよびTBSドラマに出演するのは本作が初となる与田は、「希望を信じて、過酷な状況にも立ち向かっていく人間の強さ、そして脆さも感じました。そんな中私が演じさせていただく山田愛はとても明るく前向きなキャラクターなので、この作品の中で少しでも元気や笑顔を届けられる存在になれていたらと思います!」と意気込みを語っている。
 
 日曜劇場『日本沈没-希望のひと-』は、TBS系にて10月10日より毎週日曜21時放送(初回25分拡大)。

【広告】

手ブラ寄せ機能で自然な谷間

↓  ↓  ↓

補整下着の専門通販
HEAVEN Japan公式オンラインショップ

コメントは受け付けていません。