岡田准一“土方歳三”×山田涼介“沖田総司”、真剣な眼差し光るメイキング写真(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

司馬遼太郎が土方歳三を主人公に、新選組の志士たちの知られざる人生と激動の時代・幕末を描いた歴史小説を、岡田准一主演で映画した『燃えよ剣』(10月15日公開)。土方役の岡田と、沖田総司役の山田涼介(Hey! Say! JUMP)が真剣な眼差しで撮影に挑んでいる姿を撮ったメイキング写真が公開された。

【メイキング写真】剣技の天才・沖田総司を演じる山田涼介

 江戸時代末期。黒船来航後の激動の幕末を舞台に、わずか6年だけ存在した「新選組」の志士たちの生きざまを描く本作。公開されたメイキング写真では、原田眞人監督のもと、緊迫した空気が漂う撮影現場で真剣な表情を浮かべる岡田と山田の姿をそれぞれ見ることができる。

 本作で、『関ヶ原』(2017年)以来となる原田監督との再タッグを果たした岡田は、「いつか演じるかなと思っていた土方歳三さんという人物を原田監督が持ってきてくださって、こんなにもやりがいのある現場というか、戦う現場で、監督と一緒に作品作りができるというのは映画人にとってこれ以上ない幸せ」とコメント。厳しい現場でも、「すごく濃厚でしたし、共演者の皆さんともうまく反応しあえて、膨らんでいった現場になったかなと思います」と、主演としての確かな手応えを明かしている。

 対する原田監督も「岡田さんの芝居はつねに完璧」と絶大な信頼を寄せる中、本作では、見せ場となる殺陣の構築・指導についても、岡田に一任。「殺陣チームが、基本となる全体の流れを作り、そこからこの作品としての新選組の戦い方、キャラクターそれぞれのユニークさを岡田さんに考えてもらいました。ひとつひとつの殺陣のシーンが、ひとつひとつの芸術作品になるように作ってくれた。すごく作品に活きています」と自信を見せている。

 一方、剣技の天才・沖田総司を演じた山田は、本作が原田組初参加。時代劇自体が初挑戦である中、撮影前には「そうそうたる共演者の皆様の中でお芝居をさせていただくことに緊張する一方、武者震いしています」と語っていた山田だが、撮影中は、「緊張感が途切れることなく、日々刺激的な毎日だった」と充実した日々を述懐。

 初共演となった岡田に対しても、撮影前からコンタクトを取り、殺陣の指導を自ら志願したという山田は「ある日、『今日殺陣やるから刀持ってきて』と言われて刀を持って行ったんですけど、『刀置いて』と言われて。『レスリングをやる』ってなって。正直『えっ、なんですか?』と。でもそのレスリングの姿勢が殺陣に通じるところがあり、実際に現場に行ってレスリングの姿勢で殺陣をやると、『あ、なるほどな』と思えることがありました。岡田君には、殺陣のやり方や姿勢、殺陣をやるにあたって何が一番大切なのかというのを教えてもらいました」と、岡田への感謝の気持ちを明かしている。

 並々ならぬ覚悟と決意で撮影に臨み、土方と沖田を生き抜いた岡田と山田。原田監督とともに彼らがこだわり抜いた圧巻の剣技は、劇場の大スクリーンで観てこそ映えるこそ映える。

【広告】

 

基礎化粧品会社イービーエム直営の

肌にやさしいフェイシャルサロン。



コメントは受け付けていません。