蛙亭「ほんとうにあった怖い話」舞台挨拶に登壇、緊張したイワクラと余裕な中野(お笑いナタリー)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:お笑いナタリー

「劇場版ほんとうにあった怖い話~事故物件芸人3~」の公開初日舞台挨拶が本日9月10日に東京・池袋シネマ・ロサで実施され、キャストの蛙亭、江野沢愛美、監督の天野裕充が登壇した。

【画像】蛙亭(他7件)

「劇場版ほんとうにあった怖い話~事故物件芸人3~」は、実際にあった恐怖体験を再現ドラマ化するオムニバスホラー「ほんとうにあった怖い話」シリーズの最新作。東京ホテイソン、蛙亭、ザ・マミィがそれぞれ、事故物件にまつわる3つの物語で主演を務めている。

舞台挨拶で、蛙亭イワクラは「初めての映画なのでめちゃめちゃ緊張しました」と撮影を回想。相方・中野から「僕は2回目なんですけどね!」と自慢されると、「こいつはめちゃめちゃマウントを取ってくる。撮影でもバリ余裕な感じを出してました」と鬱陶しそうに話す。また2人の演技を天野監督は「スマホを見る仕草だけでも、適当にやるとお客さんは不自然に感じてしまう。でも蛙亭のお二人は全部完璧に計算してやっていた。撮影序盤から安心して任せられました」と称賛。中野は「……だそうです!」と客席に笑顔を振りまき、イワクラから「また調子に乗るやん」と苦笑いされていた。

天野監督は本作について「ガチホラーを期待してる人もいるかもしれませんが、僕は“笑えるホラー”というジャンルを狙っています。笑えばいいのか、怖がればいいのか、よくわからない感覚になるかもしれませんが、それを狙っているので正しい感覚です」とコメント。また江野沢は蛙亭との共演について「私はお笑いが大好きで劇場に通っていたこともあったのですが、芸人さんの方と共演できる機会はなかなかないので楽しみでした」と述べ、「物語の中には笑える箇所が多い。撮影中にもたくさん笑わせていただいたので楽しい作品になっていると思います」とPRした。

最後はイワクラが「怖い中にも面白い掛け合いがあるのでそこに注目していただきたいです」と観客に呼びかけ。中野は「主演が芸人。つまり笑いのプロ。ホラーの部分は初挑戦なので温かい目で見てほしいのですが、笑いの部分は厳しく見ていただいて大丈夫です!」と胸を張っていた。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。