L・ディカプリオ×J・ローレンスら豪華キャスト集結 アダム・マッケイ監督の地球救出劇、12月24日配信(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

レオナルド・ディカプリオとジェニファー・ローレンスが主演を務める、アダム・マッケイ監督作「ドント・ルック・アップ」が、12月24日からNetflixで配信されることがわかった。共演するのは、メリル・ストリープ、ケイト・ブランシェット、ティモシー・シャラメ、アリアナ・グランデ、ジョナ・ヒル、マーク・ライランスら豪華キャスト陣。あわせて、映像(http://youtu.be/jat-mwIbk6I)と場面写真5点も披露された。

【フォトギャラリー】豪華キャストの姿をおさめた場面写真

 本作は、彗星衝突という地球の危機を発見した天文学者と教え子が、世界の人々にその事実を何とかして伝えようと奔走する物語。ディカプリオが落ちこぼれ気味の天文学者ランドール・ミンディ、ローレンスがしっかり者の大学院生ケイトを演じる。「俺たちニュースキャスター」シリーズを手がけ、「マネー・ショート 華麗なる大逆転」で第88回アカデミー脚色賞を受賞したマッケイが監督と脚本を担う。

 ミンディ博士とケイトはある日、地球衝突の恐れがある巨大彗星の存在を発見。仲間の協力を得て、オーリアン大統領(ストリープ)と、彼女の息子であるジェイソン補佐官(ヒル)と対面したり、陽気な司会者ブリー(ブランシェット)のテレビ番組に出演したりと、迫りくる危機を世界中に伝えようと奮闘する。しかしふたりの努力は空回りし、事態は思わぬ方向へと転がっていく。

 映像には、地球の危機を熱心に訴えるミンディ博士とケイト、ふたりを取り巻くクセ者たちが次々と登場。ミンディとケイトは、オーリアン大統領とジェイソン補佐官と対峙するも、アガリ症で緊張気味のミンディは「その息遣いがストレス」とからかわれ、「“終末”関係の会議がいくつあると?」と吐き捨てられるなど、全く相手にされない。彗星の衝突までたったの6カ月――思い通りにいかない地球救出劇の結末に期待が高まる。

 場面写真には、モニターを前にしたミンディとケイトの深刻な表情を活写。そのほかオーリアン大統領、ジェイソン補佐官、ブリー、シャラメ演じる謎の青年などの姿が切り取られている。

 「ドント・ルック・アップ」は、12月24日からNetflixで配信。12月からは一部の劇場での上映も予定されている。

【広告】 <strong>更年期?</strong>

《経典薬方》附桂八味丸

・膝や腰など関節に痛みがある方に
・排尿時における障害を感じる方に

膝、腰の痛みや弱み、排尿障害などの症状に。

コメントは受け付けていません。