【「シャン・チー テン・リングスの伝説」評論】映画界の逸材が唯一無二のタッチで紡ぎ出す、マーベル新時代の幕開け(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

本稿の執筆前、久々に「ショート・ターム」(13)を見直した。ファンの間で語り継がれるこのインディペンデント映画の中で、いずれキャプテン・マーベルとなるブリー・ラーソンと、「ボヘミアン・ラプソディ」(18)のラミ・マレックが共演していたのが本当に夢のようだが、何よりもデスティン・ダニエル・クレットン監督がいまこうしてマーベル新時代を切り開く役割に大抜擢されたことこそ、予想を遥かに超える出来事だ。

【フォトギャラリー】「シャン・チー テン・リングスの伝説」

 クレットンが奏でる映像には不思議な魅力がある。どんな描写でも決して力まない。常に穏やかでリラックスしたムードが流れ、我々は感情をいたずらに左右されることなくスムーズに物語の内部へと入っていける。今回のようなCG満載の超大作でも、クレットンのタッチは不変。そこがまず無性に嬉しいところだった。

 物語の核となる“テン・リングス”とは、古来より歴史の裏舞台で暗躍する組織のこと。その首領として強大なパワーを操る男(トニー・レオン)と、彼の支配から逃れて暮らす主人公(シム・リウ)の父子関係をベースに、本作はいつしか彼らが迎える運命の流転を紡ぎ出す。

 プロローグでは「グリーン・デスティニー」(00)や「HERO」(02)を思わせる華麗なアクションが展開し、かと思えば、次の瞬間には公共バスを用いて密室と暴走を掛け合わせたユニークなバトルが勃発。このようなマーベル的なアイディアとダイナミズムに満ちた趣向で観客を魅了しつつ、さらに悠久の時を思わせる創造性豊かなファンタジーの扉を押し開く。この織り成し方が巧い。

 様々な立役者がもたらす存在感も印象的だ。トニー・レオン演じる父親像には、どこか悪役として割り切れない影と憂いがあり、その点、彼は「壊れた家族」というクレットンの過去作にも通じる要素を、非常にうまく体現している。

 一方、忘れてはならないのが、オークワフィナだろう。次々と起こる事態に口を開けて驚き、ガハハと笑い飛ばし、さりげなく親友を気遣い、どこまでも意気揚々と冒険への道を突き進む。そのナチュラルな表情の楽しさ、面白さ。

 本作の奇想天外な面白さを成立させる上で、彼女の果たす役割は大きい。それに「自分の実力を発揮するのをなぜ躊躇うのか?」という裏テーマを突きつけられるのは、決してシャン・チーだけではない。このケイティという、観客にとって最も近くて共感しうる人物もまた、一人の主人公と言えるのかもしれない。

(牛津厚信)

【広告】ドクターゼロのドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)
■止まらない痒みとフケ

三十代前半までは、特に頭のことで悩んだことは無かったんです。

髪は剛毛だし、抜け毛が目立つわけでもない。

それに父も祖父も髪はフサフサだったんで、

まあ自分に頭皮の悩みなんて無縁だろうと思って過ごしてきていた

わけです。

が、しかし…その異変は30代後半に差し掛かって少しした頃に

起こりました。

はじめは、なんとなく頭皮がベタついてるなと思う程度で、

いつも髪をワックスでセットしてるから、

つけすぎてるのかとあまり深く考えていなかったんです。

しかし徐々に痒みと共にフケも出るようになってしまい、

あれ、なんだかおかしいな?

と思った頃には時既に遅し…掻き毟った頭皮は荒れ、

生え際の抜け毛も目立つようになってしまいました。

ベタつき、

臭う頭、

スーツには大きなフケが落ち、

さらにはニオイまで…そんな仕事終わりの姿は不潔そのもので、

正直電車に乗ると他の人の視線が痛いレベル…気まずくて仕方がなかったです。

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント使用開始!

これはさすがにまずいとネットで調べた結果、脂漏性皮膚炎の症状に当てはまっていたので、

色々探してこのケトコロストシャンプーとコロストラムトリートメントを試してみることに。

また、商品が発送されている間に医者にかかってみたところ、やはり脂漏性皮膚炎だと診断

されました。

薬をもらったものの、ひとまずそれは置いておいて、先に届いたケトコロストシャンプーと

コロストラムトリートメントの効果を試そうと思ったのですが、使い心地にビックリ。

アレだけべったりとこびりついていた脂が落ちた、というか落ちすぎてキシキシになりました。

前に使っていたものとは全然違う使い心地だったのでしばらく呆気に取られてしまいましたが、

トリートメントを使うとキシキシは治ったのでホッとしました。

脂は落ちたものの、これじゃ洗った後、乾燥しすぎないかと少し心配もしましたが、

トリートメントのおかげなのか髪を乾かした後もしっかりと保湿されていて、

痒みもまったくありませんでした。

■痒みもニオイも消えた!

驚いたのはその効き目と早さです!

ケトコロストシャンプーとコロストラムトリートメントを使い出してたった五日!

たった五日であれだけ辛かった頭の痒みが納まったんです!

おまけに頭皮はベタつかないしニオイもしない!遂には丸1日一度も頭を掻くことなく終わり、

仕事が終わった後もフケやニオイはなく、清潔感を維持できていました!

自分の体質によく合っていたようで、頭の痒みがなくなり、

掻くこともしなくなったおかげで今では頭皮の赤みも引き、抜け毛も減りました。

頭の痒みやフケ、ニオイで悩んでる人は試す価値あると思います!

もちろん自分と同じ脂漏性皮膚炎の方にも!悩むよりまずは使って

みることをオススメします!

コメントは受け付けていません。