庄司智春、相方・品川監督の映画に“内緒で”出資 サプライズ図るもスタッフばらす(オリコン)

出典元:オリコン

お笑いコンビ・品川庄司の庄司智春が21日、都内で行われた映画『リスタート』(7月9日北海道先行公開、同16日全国公開)再出発決起会に登壇。同作で監督を務めた相方・品川ヒロシから、サプライズが失敗したエピソードを明かされた。

【集合ショット】SWAY、EMILYら豪華キャスト陣が登場!

 北海道・下川町と吉本興業がSDGs推進における連携協定を結び発足したプロジェクトから生まれた本作。2019年6月から9月までクラウドファンディングを実施し、700人からの支援を集めることに成功、下川町の自然を映像に落とし込んでいる。

 品川監督がイベントで、庄司と松田大輔(東京ダイナマイト)がクラウドファンディングに出資してくれていたと説明。「特に庄司は2、3万の『品川と一緒に写真撮れる券』みたいなのを、僕に内緒で出資してくれた。僕との写真は何千枚も撮ってるのに、『こいつ良いやつだな』って思った」と相方の粋な計らいに感謝した。

 庄司としてはサプライズで「写真撮りに来たよ」と品川を驚かせようとしたそうだが、品川が「すぐスタッフが見つけて『品川さん、庄司さんがクラウドファンディングやってますよ』って。秒でバレてた。そこまでふくめて庄司っぽいなって(笑)」とほっこりエピソードを明かした。それを黙って聞いていた庄司は「予定が狂ったんですよ」と少し恥ずかしそうにしていた。

 最後にクラウドファンディングのリターンとして、庄司が品川監督と2ショット撮影することに。庄司は「『品川です』ってやってもらっていいですか?」とお願いし、うれしそうに一緒にポーズをとっていた。

 イベントには監督を務めた主演のEMILY(HONEBONE)、共演のSWAY(DOBERMAN INFINITY/劇団EXILE)が登壇した。

 物語は、シンガーソングライターを夢見て状況した未央(EMILY)が夢破れて故郷に帰り、同級生や家族、大自然に触れることで徐々に心を取り戻していく“28歳”の青春ストーリー。未央を支える同級生を劇団EXILEのSWAYが演じ、小杉竜一、岩崎う大、西野亮廣らも出演している。

 本作は、芸人として活動する一方、映画監督としての顔も見せる品川監督の最新作。2019年に制作されるも、新型コロナウイルス感染症の影響で公開延期になっていた。2年の時を経てようやく公開を迎える。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(烏髮配方)


・髪にツヤがなくなってきたと感じる方に
・健康的な頭皮と毛髪を維持したい方に

髪のツヤが気になる方向けシャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。