長谷部誠、日本でラーメン食べて英気養う “演技下手”自覚も新CMは「クールに作っていただいた」(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

サッカードイツ1部・ブンデスリーガのアイントラハト・フランクフルトに所属する長谷部誠選手(37)が17日、都内で行われた『オムロン低周波治療器アンバサダー就任発表会』に出席した。

【写真】アンバサダーに就任した長谷部誠

 昨季限りの契約だったが、3月に1年の契約延長を発表している。J1の浦和から2008年冬にヴォルフスブルクに移籍し、ニュルンベルクを経て14年からフランクフルトに加入。来季はドイツでの15シーズン目となる。シーズンを振り返った長谷部選手は「昨シーズンはコロナ禍もあり、ドイツ・ブンデスリーガも制限のある中でのリーグとなりました。ほとんどの試合で無観客。サッカーの醍醐味である情熱、パッションが少し欠けた形にはなった」という。それでも「私の所属するアイントラハト・フランクフルトは最後までチャンピオンズリーグを争う戦いができました。最終的には残念ながら来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を逃してしまいましたが、ヨーロッパリーグの舞台に立てる。チームとしてはよかった点、最後に結果が出せなかった部分もあり、非常に複雑なシーズンでした」と回想した。

 加えて「個人的には、ここ3~4年は1年1年がラストシーズンを考えながらやってきている」と改めて語る。年齢を重ねてはいるが、プレーは衰え知らず。「昨シーズンに関してはディフェンスラインだけでなく、ボランチで試合に出るようになった。1試合で約12キロ走るように(笑)。この年齢でも、まだまだできるんだというのに自分自身もビックリした部分もある。何より周りの方々が僕の年齢でのパフォーマンスを評価していただけて、非常にうれしく感じています」と笑顔を見せた。

 新CMも公開。「撮影はコロナ前なので、かなり前なんです」と明かしながらも「慣れない場なので、きょうも緊張している。サッカーやっている方が楽」と撮影を苦笑いで振り返る。撮影前日に試合があったそうで「本当のリカバリーを兼ねてやった感じ(笑)。緊張はしましたけど、和気あいあいと普段通りを心掛けて撮影しました」とにっこり。「僕は演技が下手だと言われている」としながらも「カッコよく、クールに作っていただいたので気に入っています」と照れながら語っていた。

 また、日本に戻ってからの“心のリカバリー”についてもトーク。「日本に帰国してから制限のある中での生活ですけど、両親とか祖母と1年ぶりに会うことができた。非常にリラックスした時間を過ごせている」としみじみ。そして「日本食は最高ですね」と破顔一笑。「ラーメン、お寿司、お肉、なんでも好き。オフなのでコントロールしながらも日本の食事を食べて、家族と会って、英気を養っている。来シーズンに向けて力を溜める大事な時なので。トレーニングも始めている。だんだんと来シーズンに向けてスイッチを入れている時間」とオフシーズンの過ごし方を明かしていた。

 長谷部選手は、プロアスリートも使用するマイクロカレントを搭載した低周波治療器「オムロン 低周波治療器 HV-F080」シリーズのアンバサダーに就任。アスリートとしてリカバリーの重要性を力説し、実際に同製品を使っている長谷部選手は「実際に長い間、使用させていただいている。ドイツでは自分の友のように使っています。非常に重宝しています」と笑顔でアピールした。

【広告】

 ZAFUL





ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントは受け付けていません。