高島礼子、黒谷友香ら出演、被爆後の長崎を描く『祈り』予告編解禁(オリコン)

出典元:オリコン

戦争の爪痕が色濃く残る昭和32年の被爆後の長崎を舞台に、焼け落ちた浦上天主堂に残るマリア像を人知れず運び出そうとする鹿(高島礼子)と、忍(黒谷友香)の2人の女性を描いた人間ドラマ、映画『祈り ―幻に長崎を想う刻(とき)―』の予告編が解禁された。

【動画】映画『祈り ―幻に長崎を想う刻(とき)―』予告編

 不穏な音楽が奏でられる中、長崎に実際に落とされた原爆のシーンから始まる。爆破されて瓦礫と化した浦上天主堂に残るマリア像を前に祈りを捧げる高島の姿。昭和32年の長崎を舞台にマリア像を盗み出そうとする鹿や忍、それぞれがそれぞれの立場で戦後を必死に生きようとする姿を垣間見ることができる。

 田辺誠一、金児憲史、村田雄浩、寺田農、柄本明、温水洋一といったほかの出演者も映し出されるなか、さだまさしが歌う主題歌「祈り」が効果的に使用され、観る者の胸を打つ。また、予告編のラストでは美輪明宏による被爆マリア像の声が流れ、映画本編のどこで使われているのか、気になる仕掛けもある。

 同映画は、8月13日よりユナイテッド・シネマ長崎(長崎)にて先行公開、8月20日よりシネ・リーブル池袋(東京)ほか全国で公開。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。