『オーバーウォッチ』にクロスプレイがやってくる!ランクマッチは家庭用とPCで完全に別々、エイムアシストの無効化対応などの仕様も発表(IGN JAPAN)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:IGN JAPAN

『オーバーウォッチ』にクロスプレイがやってくる。これにより、PS4/Xbox One/Nintendo Switch/PCどのプラットフォームのプレイヤーでも一緒にゲームができるようになる。具体的な実装予定日は明らかにされておらず、近日中にクロスプレイベータが始まるとのことだ。
ただし、進行状況を共有するクロスプログレッションには非対応、クロスプレイでのライバルプレイ(ランクマッチ)には非対応といった注意点も存在している。また、クロスプレイ実装にともない、家庭用ゲーム機版のプレイヤーはBattle.netアカウントを作成し、各プラットフォームのアカウントと連携する必要が出てくるそうだ。

「オーバーウォッチ」画像・動画ギャラリー

筆者がまとめたクロスプレイのポイントは以下の通り。公式のQ&A;が公開されているので、詳細について知りたい人はそちらもチェックしてほしい。

すべての家庭用ゲーム機版プレイヤーがBattle.netアカウントを作成し、連携する必要がある
進行状況はシステム間で共有されない
マッチメイキングプールは家庭用/PCに分かれる

PCプレイヤーが1人でもいるグループはPCのマッチメイキングプールになる

ライバルプレイをのぞき、すべてのゲームモードでクロスプレイが有効化

ライバルプレイは家庭用プレイヤーとPCプレイヤーの2つのプールに完全に分かれる

PCプレイヤーと一緒にプレイする場合、家庭用プレイヤーのエイムアシストは無効化
クロスプレイはすべてのプラットフォームにおいてデフォルトで有効化
PCプレイヤーはクロスプレイを無効化にすることはできない

いちばんのポイントは、ライバルプレイのマッチメイキングプールが家庭用とPCで完全に別々になっているところだろう。また、クロスプレイでPCのマッチメイキングプールに入った場合はコントローラーのエイムアシストが無効になるのも大きい。今回のクロスプレイ対応はガチのプレイではなく、カジュアルプレイにおいてのみの対応となる。
『Apex Legends』などクロスプレイに対応するゲームでは、しばしばコントローラーのエイムアシストが強すぎるとして問題になることがある。エイムアシストを無効化するのは、そういったガチのプレイにおける問題を回避するためだろう。『オーバーウォッチ2』では本格的なPvEモードが実装予定であり、おそらくそちらもクロスプレイに対応することになると思われる。プラットフォームに関係なく、皆でワイワイと『オーバーウォッチ』をプレイできる日がやってきそうだ。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。