川崎Fの新記録達成か? 鹿島が止めるか?(チケットぴあ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:チケットぴあ

川崎フロンターレがさらなる記録達成を狙う。次節でJ1無敗記録を25試合に伸ばすとともに開幕20戦無敗のJ1新記録と鬼木達監督J1通算100勝の最速記録を目指すのだ。対戦相手は鹿島アントラーズである。言わずと知れた20冠を誇るJリーグ随一の名門で、鬼木監督の古巣だ。指揮官は2011年に川崎Fで監督とコーチの間柄だった相馬直樹監督。鬼木監督にとって、何かと縁が深い相手である。

荒木遼太郎(鹿島アントラーズ)

それにしても前節はよくぞ引き分けに持ち込んだ。5月26日『明治安田生命J1リーグ』第16節は湘南ベルマーレの豊富な運動量と激しいプレス、最後まで集中を切らさない粘りのディフェンスに後手に回った。56分に先制点を献上すると、1分後に家長昭博と三笘薫、64分にはレアンドロ・ダミアンと前線3枚を投入し、ゴールを奪いにかかる。そして67分、左SB旗手怜央のクロスをダミアンが頭で合わせて同点と思いきや、VAR判定によってゴールを取り消された。川崎Fはさらにゴールへの圧力を高めるもフィニッシュの精度を欠き1点が遠い展開となる。残り10分となり初黒星へのカウントダウンが進んだ82分、ペナルティマーク付近で右SB山根視来のグラウンダーのパスを受けたダミアンはDFを背負いながらトラップでボールを浮かし、バイシクルシュート一閃。敗戦ムードを吹き飛ばすゴラッソを決めたのだった。この勝点1は大きい。

スーパーゴールを決めたダミアンは試合後、「ゴールに背を向けていたので視来に戻そうと思ったが、少し距離があり、ほかのチームメートもいなかったので、練習でもやり慣れ、これまでも試合でゴールを決めているオーバーヘッドを狙った」とこともなげに振り返った。

一方の鹿島も前節は苦しみながら勝利した。第15節・サガン鳥栖戦では先制したものの逆転を許し1-2、相馬監督就任後初黒星を喫し、8戦負けなしが止まった。第16節・セレッソ大阪戦は相手の強固な守備ブロックに手を焼いたが、73分にバックパスをカットしたCF土居聖真がDFに囲まれながらパス、2列目に回った荒木遼太郎がゴール前へ侵入しゴール右隅へ見事にコロントロールされたシュートを流し込み、今季2試合目となるウノゼロをマークしたのだった。これで鹿島は6位に浮上。再び上位を睨む態勢となった。

リーグ戦の通算成績を見ると川崎Fが17勝8分9敗とリードし、直近10試合では負けなしの6勝4分と圧倒する。

果たして川崎Fが相性の良さを生かして3つの記録を達成するのか、鹿島が悪い流れを断ち切って5年9か月ぶりに等々力から勝点3を持ち帰るのか。『明治安田生命J1リーグ』第17節・川崎F×鹿島は5月30日(日)・等々力陸上競技場にてキックオフ。チケットは予定枚数終了。試合の模様はDAZN、NHK BS1にて生放送。

【広告】

大人可愛いアパレル&シューズを

お手頃プライスで豊富に取り揃えました!

お気に入りのアイテムがきっと見つかる♪

 

コメントは受け付けていません。