5日間で300万円を用意できるのか?主演・高橋祐理があがき続ける「蟻地獄」スタート(ステージナタリー)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ステージナタリー

「蟻地獄」が、昨日6月4日に東京・よみうり大手町ホールで開幕した。

本公演は、インパルス・板倉俊之が2012年に発表した小説「蟻地獄」を、板倉自身の脚本・演出で舞台化するもの。昨年7月に上演予定だったが、新型コロナウイルスの影響で中止になり、今回は“復活公演”として上演される。出演者には、高橋祐理、天野浩成、向井葉月(乃木坂46)、古賀瑠、向清太朗、佐藤恵一、安川里奈、中野裕斗、三木美加子、近藤廉、迫英雄、山口大地らが名を連ねている。

【画像】「蟻地獄」より。(他27件)

劇中では、主人公・二村孝次郎(高橋)が“5日間で300万円を用意する”という条件をクリアするため、あがき続ける物語が展開する。孝次郎は修平(近藤)と、イカサマをして大金を手に入れるため、情報屋・杉田(迫)に教えられた裏カジノに乗り込む。しかし、それは杉田の罠で、2人はイカサマを見破られた挙げ句、修平は裏カジノのオーナー・カシワギ(山口)に人質に取られてしまう。孝次郎は修平を救うため、タイムリミットまでに大金を手に入れようと奮闘するが……。

上演時間は約2時間15分で、公演は6月10日まで。また、8日の昼夜回、9日14:00開演回、10日13:00開演回ではアフターイベントが実施され、8日は高橋の誕生日を記念した“バースデーカーテンコール”、9日は板倉とメインキャストによる“スペシャルアフタートークショー”、10日には“千秋楽スペシャルカーテンコール”が行われる。なお、9日18:30開演回と6月10日13:00開演回は、PIA LIVE STREAMで生配信される。配信はアーカイブ視聴にも対応している。

■ 「蟻地獄」
2021年6月4日(金)~10日(木)
東京都 よみうり大手町ホール

原作:板倉俊之「蟻地獄」(単行本:リトルモア / 文庫本:新潮社)
脚本・演出:板倉俊之
出演:高橋祐理、天野浩成、向井葉月(乃木坂46)、古賀瑠、向清太朗、佐藤恵一、安川里奈、中野裕斗、三木美加子 / 近藤廉、迫英雄 / 山口大地
アンサンブル:ヒラノショウダイ、富山バラハス、古家由依
※高橋祐理の「高」ははしご高、「祐」は旧字体が正式表記。

(c)板倉俊之 / SET

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。