永山瑛太、繊細な戯作者を体現 「HOKUSAI」北斎と盟友の胸アツシーン公開(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:映画.com

江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎の知られざる生涯を映画化した「HOKUSAI」の本編映像から、北斎の老年期を演じた田中泯、柳亭種彦を演じた永山瑛太の共演シーンが披露された。ドラマ「リコカツ」での無骨な航空自衛隊救難隊員役が注目される永山は、本作では時代に苦悩する繊細な戯作者を体現している。

【動画】「HOKUSAI」本編映像

 橋本一監督(「探偵はBARにいる」シリーズ)がメガホンをとった本作は、北斎の生涯を、現存する資料や史実、作品が生まれた年代などを繋ぎ合わせて描くオリジナル・ストーリー。柳楽優弥と田中がそれぞれ北斎の青年期と老年期を演じている。

 披露されたのは、武士という身分を隠しながら筆を取る種彦(永山)に、北斎(田中)が自身の絵に対する熱い胸の内を明かすシーン。北斎から「(戯曲を書くのを)やめるんか?」と聞かれた種彦は、表現の自由を弾圧する幕府によって、筆を折ろうかと迷っていることを告げる。

 続けて、「先生は、絵の為にすべてを捨てられますか?」と問いかけると、北斎は真っすぐな目を種彦に向けて「いつかは……いつかは人に指図されねえで生きていける世の中がくる。生きてるうちにそんな世の中が見てえ!」と種彦の肩を掴んで語る。

 北斎の生きた江戸時代は、様々な庶民文化が花開いた時代だった一方、浮世絵や種彦が書く戯曲などは、風紀を乱すものとして幕府からの厳しい処罰を受ける対象ともなった。劇中でも、北斎のライバルでもあった歌麿が処罰され、版元・蔦屋重三郎は財産を没収されてしまう。

 そんな中、本来ならば芸術を取り締まる立場である武士の生まれの種彦は、身分を隠しながら戯曲制作に情熱を注いでいた。厳しい取り締まりの為、一度は筆を折ることも考える種彦だったが、北斎が絵に打ち込む姿に共鳴し、表現の自由を弾圧する幕府に抗うように戯曲を書き続け、己の信念を最後まで貫いていく。北斎、そして種彦と、現代にもその名が残る2人の苦悩と心の絆が描かれるこのシーンは、信念を貫き物事に打ち込む“覚悟”が伝わってくる。

 「HOKUSAI」は、5月28日に全国公開。

【広告】

SUNMEDICAL

【DelaFierte】



コメントは受け付けていません。