「マンダロリアン」クリエイター、ルーカスフィルムのクリエイティブトップに(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

Disney+の人気ドラマ「マンダロリアン」の企画、制作総指揮をジョン・ファブロー監督(「アイアンマン」)と共同で務めるデイブ・フィローニが、ルーカスフィルムのクリエイティブのトップである「エクゼクティブ・クリエイティブ・ディレクター」という役職に就いたことが明らかになった。

 フィローニは、ジョージ・ルーカスのもと、「スター・ウォーズ」シリーズ初の劇場長編アニメーション「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」(2008)で監督を務めたのち、アニメシリーズ「クローン・ウォーズ」「スター・ウォーズ 反逆者たち」「スター・ウォーズ レジスタンス」などのテレビアニメを手がけてきた。ルーカスがルーカスフィルムを売却したあと、「スター・ウォーズ」神話の守護者としての役割を務めてきただけに、ファンの信頼は厚い。

 また、フィローニはDisney+の大ヒットドラマ「マンダロリアン」に続き、「スター・ウォーズ アソーカ(原題)」と「スター・ウォーズ レンジャーズ・オブ・ザ・ニュー・リパブリック(原題)」「ザ・ブック・オブ・ボバ・フェット(原題)」といった複数のスピンオフドラマの企画開発にも関わっているという。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。