6月のPS Plusフリープレイタイトルが発表!『バーチャファイター eスポーツ』や『Star Wars:スコードロン』が登場(IGN JAPAN)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:IGN JAPAN

追記(21/05/27)
日本国内向けにも2021年6月のPS Plusのフリープレイタイトルがアナウンスされた。以下の3タイトルが対象になる。

6月1日~8月2日に配信

PS4『バーチャファイター eスポーツ』

6月1日~7月5日に配信

PS4『Star Wars:スコードロン』
PS5『オペレーション:タンゴ』

『バーチャファイター eスポーツ』は、「バーチャファイター」シリーズ最新作を謳ったタイトル。海外向けには『バーチャファイター5』の最終版「Final Showdown」を意識した『Virtua Fighter 5 Ultimate Showdown』として発表されていたが、国内向けにはわざわざナンバリングも外して「eスポーツ」を全面に出したタイトルとして展開していくようだ。

ソニーが北米向けに2021年6月のPS Plusフリープレイタイトルを発表した。『Operation: Tango』、『Virtua Fighter 5 Ultimate Showdown』、『Star Wars:スコードロン』が楽しめる。

6月のPS5向けタイトルは、Co-opのスパイアドベンチャー『Operation: Tango』だ(PS4版は利用不可)。近未来を舞台に、プレイヤー2名がハッカーとエージェントになりパズルを解いていく非対称型協力プレイの作品となっている。各プレイヤーが一緒になることはできず、それぞれが異なる視点でプレイすることから、コミュニケーションがカギとなっており、マイクの使用が必須だ。

PS4向けには先日海外向けに発表されたばかりの『Virtua Fighter 5 Ultimate Showdown』が配信される。こちらはPS3版を機能豊富に蘇らせたもので、龍が如くスタジオとセガのAM2研が開発を手掛けた作品だ。通常のフリープレイとは違い、本作は6月1日から8月2日までの2カ月間配信される。

そして、EAのMotive Studiosによる『Star Wars:スコードロン』は、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のあとを舞台にしたドッグファイトスペースシムだ。帝国と新共和国の視点が切り替わりながらストーリーが進んでいくシングルプレイキャンペーンが用意されているため、XウィングからTIEインターセプター、Yウィングまで、あらゆる機体の操縦を楽しむことができる。PvPで操縦スキルを試したり、PS VRを持っていればVRでゲームをプレイしたりすることも可能だ。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。