ティモシー・シャラメが、『チャーリーとチョコレート工場』の前日譚映画でウィリー・ウォンカ役に決定したとの報道(IGN JAPAN)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:IGN JAPAN

新たな報道によると、ワーナー・ブラザースによる『チャーリーとチョコレート工場』の前日譚となる映画『Wonka(原題)』で、ティモシー・シャラメがウィリー・ウォンカにキャスティングされたという。
Deadlineが、ロアルド・ダールによる古典小説の有名なチョコレートメーカーの若かりし頃のバージョンを、シャラメが演じると報じている。Deadlineの情報提供者によると、『Wonka』は1971年に公開されたジーン・ワイルダー主演の『夢のチョコレート工場』と、ティム・バートンが監督した2005年のリメイク版『チャーリーとチョコレート工場』と同じように、ミュージカルナンバーがフィーチャーされるとのこと。この情報は、『Wonka』がシャラメにとって歌って踊る初の映画になることを意味している。

しばらくの間、明らかにシャラメはウォンカ役の最有力候補だったが、スケジュールの問題が解決し、彼が同役を受けることができたのは最近のことだ。
現時点でプロットは詳細不明で、ウンパルンパによって箱詰めされた、1枚でディナーのフルコースを味わえるガムで有名なチョコレート工場を開く前の時代が、物語の舞台になるということだけがわかっている。時系列的に、映画のキャラクターとしてチャーリー・バケットは登場しないだろう。
シャラメの次作は、同じくワーナー・ブラザースによるドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の『DUNE/デューン 砂の惑星』で、お菓子よりも壮大なテーマを探求する。そのほかにシャラメは、ウェス・アンダーソンによる『The French Dispatch(原題)』と、アダム・マッケイの『Don’t Look Up(原題)』にも出演する予定だ。『Wonka』では『パディントン』のポール・キングがメガホンを取り、2023年3月17日に全米公開が決定している。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。