ピーター・バラカン監修・作品選定の音楽映画祭「Peter Barakan’s Music Film Festival」7月開催(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

音楽評論家、ラジオDJとして活躍するピーター・バラカン氏が、監修・作品選定を担当した音楽映画祭「Peter Barakan’s Music Film Festival」が、7日2日~15日の2週間、角川シネマ有楽町で開催される。

 上映作品には「奇妙な果実」歌唱シーンを含め、本邦初公開のライブ映像や知られざる逸話がふんだんに盛り込まれたビリー・ホリデイのドキュメンタリー「Billie ビリー」と、水俣病を記録した写真家ユージン・スミスが、50年代後半にニューヨークにあったロフトでセロニアス・モンクはじめ多くのジャズ・ミュージシャンを被写体としていたことを紹介する「ジャズ・ロフト」という初公開作2本がラインナップ。

 そのほか、現在 Netflixで配信されているミシェル・オバマのドキュメンタリー映画「マイ・ストーリー(原題:Becoming)」の音楽を担当したジャズ・ミュージシャンのカマシ・ワシントンとバンド・メンバーにLAフィルを加えた16人編成のオーケストラを従えたライブ映像「カマシ・ワシントン『Becoming』ライブ」、1958年のニューポート・ジャズ・フェスティバルを撮影した「真夏の夜のジャズ 4K」といったジャズ関連作に、わずか27歳で逝去したエイミー・ワインハウスのドキュメンタリー「AMY エイミー」、音楽界のトップスターを影で支えたバックシンガーたちにスポットを当てた「バック・コーラスの歌姫(ディーバ)たち」、グリーンランドで植民地支配反対を訴え続けた先住民ロック・バンドのドキュメンタリー「サウンド・オブ・レボリューション グリーンランドの夜明け」など、アーティストにスポットを当てたドキュメントが並ぶ。

 さらには、ニューヨークのサルサ界の大物バンド、ファニア・オール・スターズの72年のコンサート映像「Our latin Thing」、ネイティブ・アメリカンのミュージシャンがいかにアメリカのポピュラー音楽に影響を与えていたかを数々のインタビューと合わせて紹介した「ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち」、太平洋とインド洋の島々の音楽文化を紹介した「大海原のソングライン」、宮古島に伝わる「古謡」と「神歌」を歌う現地の島人たちの映像を収めた「スケッチ・オブ・ミャーク」、60年代のロンドンを俳優マイケル・ケインが映像と音楽を使って紹介する「マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!」、70年代後半の「ロック・アゲインスト・レイシズム」が企画した大規模な「国民戦線」に向けての抵抗コンサートを描いた「白い暴動」、70年代のイングランド北部で人気を博したソウル音楽に合わせたダンス・シーンを描いた劇映画「ノーザン・ソウル」などジャンルを超えて、バラカン氏が本当に面白いと思った作品、計14本が上映される。

 スケジュールやプログラム詳細は公式HP(https://pbmff.jp)で告知する。

▼ピーター・バラカン氏コメント
何年か前からやりたいと話していた音楽映画祭がついに実現することになりました。音楽を題材としたドキュメンタリーもあり、コンサート映画もあり、音楽シーンを描いた劇映画もあり、しかも様々な時代とジャンルを網羅したライン・アップになっています。中には日本未公開の作品も、滅多に見る機会のないちょっと珍しい作品もあり、音楽ファン、映画ファン、共に喜んでいただけると思います。なかなか生の音楽を楽しめなくなっているこのコロナ禍で、大きなスクリーンで、いい音で、ぜひ体験してください。

【広告】


コメントは受け付けていません。