「嵐」20周年ツアーライブフィルム、上海国際映画祭でワールドプレミア! 監督は堤幸彦(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

人気アイドルグループ「嵐」の20周年記念ツアーを体感できる、初のライブフィルム「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM Record of Memories」が製作されていたことが明らかとなり、中国の第24回上海国際映画祭(6月11~20日)でワールドプレミア上映されることがわかった。「嵐」の初主演映画「ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY」を手がけた堤幸彦が監督を務める。

【フォトギャラリー】堤幸彦監督

 2018年11月から19年12月まで1年以上にわたり、計50公演、累計観客動員237万5000人を記録した「ARASHI Anniversary Tour 5×20」。そして東京ドームで19年12月23日、ライブフィルム製作のために1日限りの「シューティングライブ」を開催し、壮大な撮影を敢行した。本作には、堤監督ら長年にわたり「嵐」に関わり、彼らを知り尽くした映画とライブのスタッフが集結。「嵐」が5人だから見られた景色、観客が5人と一緒に見た景色を、圧倒的な一体感と臨場感をそのままに、100台以上のカメラで余すところなく記録した。

 堤監督は、「現在2019年12月23日16時30分。リハーサルを終えたところです。たくさんライブ映像を撮ってきましたが、間違いなく自分が撮った中では最高峰になるでしょう。お客様が入ったらシューティングライブの準備が全て完了です。手のひらから飛び立つドローンに5人が映し出されるところから始まって、彼らの手に戻っていく。素敵な入り口と出口になるのかなと思っています。回る地球と東京ドーム、嵐と同じ時間を生きていることを体感して欲しい」と、コメントを寄せた。

 「嵐」としても、2000年から20年までのコンサートの累計観客動員約8200万人を誇るジャニーズ事務所としても、初のライブ映画となる本作。新型コロナウイルスの世界的感染拡大を受け、20年に予定されていた北京でのライブはやむなく中止となったが、このほど第24回上海国際映画祭のGala部門とDolby Vision部門への正式出品が決定。両部門同時出品は史上初となり、最高の上映環境であるドルビーシネマで、ワールドプレミアを飾る。なお現時点では、日本での公開は未定だという。

身体の不調でお悩みの方へ漢方の「位元堂」

 

コメントは受け付けていません。