松本穂香、「グラップラー刃牙」をBLとして読み解く腐女子に! WOWOWドラマ初主演、8月放送&配信(映画.com)

出典元:映画.com

女優の松本穂香が、WOWOWドラマ初主演を果たす「『グラップラー刃牙』はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ」が、8月に放送・配信されることがわかった。1991年から「週刊少年チャンピオン」で連載され、累計発行部数8500万部を突破する国民的格闘漫画「グラップラー刃牙」シリーズ(著:板垣恵介氏、秋田書店刊)に、濃厚なBL(ボーイズラブ)の可能性を見出す女性を、松本が演じる。

【フォトギャラリー】熱狂的なBL愛好家を演じた松本穂香

 本作の原案となったのは、BL研究家・金田淳子氏のエッセイ「『グラップラー刃牙』はBLではないかと1日30時間300日考えた乙女の記録ッッ」(河出書房新社刊)。文房具メーカーに勤め、腐女子であることを隠して生きる主人公・児島あかね(松本)が、「刃牙×BL」の妄想に取り憑かれていく姿を描く。「有村架純の撮休」の山岸聖太が監督を務め、劇団「ヨーロッパ企画」の上田誠が脚本を手がける。

 あかねは、身近にあるごくありふれた物までBLに置き換えてしまうほどの、熱狂的なBL愛好家。そんな彼女はある日、「グラップラー刃牙」と出会い、格闘家たちの肉体美や、彼らの魅惑的な言動にBLの妄想を膨らませていく。会社では本当の自分を隠し、そつなく仕事をこなし、夜は腐女子仲間と居酒屋でBLトーク、自宅では刃牙BLの想像に花を咲かせる、幸せな日々を過ごしていた。しかし、大事なプレゼンを控える後輩・竹野や上司・梶原、さらに再会した同級生・柴本によって、平穏な毎日は揺らぎ始める。

 「WOWOWオリジナルドラマ 『グラップラー刃牙』はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ」(全7話)は、8月にWOWOWプライムで放送、WOWOWオンデマンドで配信。各話終了後には、TELASAでも配信される。松本、原案・金田氏のコメントは、以下の通り。

【松本穂香】
 初めて題名を聞いた時、「何が何?」と理解が追いつかず笑ってしまったのを覚えています。題名から面白い予感が滲み出ているし、監督は山岸聖太さんだし、これは絶対面白い!! とワクワクしたのを覚えています。

 いざ頂いた脚本を読んでみると、すごくしっちゃかめっちゃかな世界観! いい意味です。BL好きな乙女の頭の中を具現化すると、こんなにもカラフルな世界になるのだなぁと楽しい気持ちになりつつ、その膨大なセリフ量に圧倒されました。大変な撮影ではありましたが、とにかく楽しかったです!

 刃牙ファンの方も、刃牙初心者の方も、楽しんで頂ける内容になっているかと思います。ぜひお楽しみに。

【金田淳子】
 私の本は、板垣恵介先生の人気格闘マンガ「グラップラー刃牙」シリーズについて、男同士のラブが描かれているのでは? すなわち、BL(ボーイズラブ)なのでは?と妄想して読み解いていくという奇書です。このように自由に妄想をしつつ少年マンガを読むというのは、オタク女子にとってはごく一般的な習性なのですが、私のフリーダムな感想文が、板垣恵介先生から許可を頂いて商業書籍として出版できたのは、出版業界でもかなり異例なことだと思います。板垣先生、刃牙さん、ありがとうございます。

 その後、「この本を原案としてドラマ化したい」という企画書を頂戴したわけですが、奇書を堂々と出版した私の目から見ても、ドラマ化という発想があまりにも奇怪で、最初は「騙されているのでは?」と思いました。しかし意外にも私を騙そうとする陰謀ではなく、まじめな企画だったので、「わたしは一向にかまわんッッ」とお返事しました。

 主演が演技派として高名な松本穂香さんに決まったときは、非常に嬉しく思いました。このドラマのヒロインは私自身ではないので、年齢も経歴も性格も私とは違うのですが、ある意味で「私を擬人化したら松本穂香さんになる」ということですよね。たいへん光栄に思っています。

 ドラマ化については、制作チームを信頼して何もかもお任せしています。「グラップラー刃牙」シリーズのファンも、妄想なら我にも語らせろというオタク女子も、松本穂香さんのファンも、それぞれに楽しんでいただけると思います。

身体の不調でお悩みの方へ漢方の「位元堂」

 

コメントは受け付けていません。