読んだら必ず不倫したくなくなる!? 不倫マンガ「サレタガワのブルー」犬飼貴丈×堀未央奈でTVドラマ化(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:映画.com

セモトちか氏の人気マンガ「サレタガワのブルー」が、犬飼貴丈と元乃木坂46の堀未央奈の主演でテレビドラマ化されることがわかった。

【フォトギャラリー】堀未央奈

 同マンガは、不倫“スルガワ”と“サレタガワ”の心理をリアルに描き、人気を獲得。集英社のコミック配信アプリ「マンガMee」で連載が開始されて以来、常に同アプリの総合ランキング上位に位置している。今年3月には書籍化が決定し、5月に1、2巻が同時発売される予定だ。

 主人公・田川暢(たがわ・のぶる)はデザイナーで高収入、愛妻家、イケメンという誰もが羨む夫。妻・藍子(あいこ)もそんな暢に優しく接し、ふたりは一見幸せそうな夫婦生活を送っていた。しかし、ある日、暢は職場の上司と不倫を楽しむ藍子の姿を目の当たりにする。「いい女はね、自分の望みは確実に全部叶えるの」と、自分の欲望に忠実に生きる藍子に、暢は復讐を決意する。

 暢役を演じるのは、「仮面ライダービルド」に主演し、瞬く間に人気となった犬飼。不倫妻への復讐を誓いながらも、優しさが滲み出てしまう「ザ・良い人」をその演技力で体現する。暢の妻・藍子役には、今年3月28日をもって乃木坂46を卒業した堀が抜擢された。「ホットギミック ガールミーツボーイ」で映画初出演にして初主演を飾った堀が、自分の欲望のためならどんなことでもやってのける悪女を全力で演じる。

 スキャンダラスな物語をシリアスかつコミカルに映像化するのは、有名アーティストのMVの演出などを手掛ける奇才・スミス監督。「僕は麻理の中」「下北沢ダイハード」などテレビドラマの世界にも活躍の場を広げる実力派監督が、「コーヒー&バニラ」でもタッグを組んだ脚本家・舘そらみの脚本で、不倫スルガワの極悪非道な思考回路と、サレタガワの心の痛みや葛藤をリアルに描く。

 「サレタガワのブルー」は7月13日より、MBSで深夜0時59分から、TBSで深夜1時28分から放送開始。

 主演の犬飼、堀、原作者のセモトちか氏のコメント全文は以下の通り。

【犬飼貴丈】

 サレタガワのブルーで田川暢(タガワのブルー)を演じさせていただきます犬飼貴丈です。

 原作を読ませていただいたとき、これは面白い。と素直に感じたので参加させていただけたことをとても嬉しく思います。

 藍子さんに翻弄されながら何とか反旗を翻そうとする暢を僕なりの解釈で監督たちと相談させていただきながら演じさせていただきました。

 皆さんの元に届くのが今から楽しみで仕方ありません、お楽しみに。

【堀未央奈】

 お話をいただいたときに、悪女役をやったことがなかったので率直に面白そう!と思いすぐに漫画を最新刊まで読んで、想像のできない展開と、わたしが演じる田川藍子のぶっとび具合に心惹かれ、撮影も新たな感情やシチュエーションを楽しみながら日々演じることができました。

 今までにはない、新たな不倫ドラマ。みなさんの感想が今からとても楽しみです。毎週ハラハラドキドキしながら見ていただけたら嬉しいです。

【セモトちか(原作者)】

 私自身昔からテレビを見るのが大好きで、漫画を制作する際にはキャラが脳内で確立しやすいように配役を芸能人の方でイメージしていくことが多くて。

 暢役の犬飼さんはまさに思い描いていたご本人だったので、決まったとお知らせいただいた時には、大きな声が出ました!!

 藍子役の堀未央奈さんも、こんな天使のようなトップアイドルが藍子という悪女を演じて下さるなんて…大丈夫か…大丈夫か…と震えました。

 しかし撮影現場を見学に行かせていただいた時、仕上がりがあまりにも完璧な藍子で、堀さんのプロ根性を感じました!

 サレブルを愛していつも応援して下さっている熱い読者の皆様も、楽しんで見ていただけたら光栄です。

 多くの皆様のおかげで「自分の漫画の実写化」という人生の目標が、ひとつ達成されました。

 感謝と感動が止まりません。

 ドラマ化、本当に嬉しいです。

 今後ともサレブルをよろしくお願いします!!

【広告】


週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。