『魔法にかけられて』の続編、撮影開始 2022年ディズニープラスで配信(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

ディズニー映画『魔法にかけられて』の続編で、2022年にディズニー公式動画配信サービス「Disney+ ( ディズニープラス)」で独占配信予定の『ディスエンチャンテッド(原題)』の撮影が、アイルランドで始まった。また、メインキャストも発表された。

【動画】新人女優ガブリエラへのサプライズ動画

 新たに発表されたキャストには、アカデミー賞6度ノミネートの演技派エイミー・アダムスがジゼルを演じるのはもちろんこと、ロバート役のパトリック・デンプシー、ナンシー役のイディナ・メンゼル、エドワード王子役のジェームズ・マースデンらの名前が並び、オリジナルキャストがカムバック。

 さらに、ロバートの娘であるモーガン役に19歳の新人女優ガブリエラ・バルダッ チノの起用が発表された。長編映画初出演という彼女が、どんな新しいエッセンスをもたらすのか期待される。

 監督は、『ヘアスプレー』や『ステップ・アップ』だけでなくドラマ『glee』などダン ス、ミュージカル作品を得意とする名匠アダム・シャンクマン。また製作には、バリー・ジョセフソン(『魔法にかけられて』)、エイミー・アダムス(『魔法にかけられて』、『メッセージ』)、バリー・ソネンフェルド(『メン・イン・
ブラック』『アダムス・ファミリー2』が名を連ねる。

 今回、監督のアダム・シャンクマンがガブリエラに、オーディション結果をZOOMで伝えるサプライズ動画も公開となった。追加のせりふを撮るオーディションだと思い込んでいるガブリエラのリアルな反応が見どころ。

 撮影開始にあたり、アダム・シャンクマン監督は新作を心待ちにするファンに向けて次のようなメッセージを送っている。

 「ディズニーとの再会は、まるで我が家に帰ってきたような気分です。エイミーをはじめとする素晴らしいキャスト、アランとスティーブンの心を揺さぶる新しいスコア、そしてバリーとディズニーのサポートを得て、世界中の観客に魔法と喜びを届けたいと思っています」。

 『ディスエンチャンテッド(原題)』は、『魔法にかけられて』の15年後が舞台。アニメーションの美しいおとぎの国アンダレーシアから現代のマンハッタンへと追放され、離婚弁護士のロバートと結ばれたジゼル。そんなジゼルが、 ロバートの娘であるモーガンと3人で郊外に住み始め、新生活の課題に直面する。ジゼルが、おとぎ話の結末でおなじみの「いつまでも幸せにくらしました(Happily Ever After)」とは、彼女自身、そして家族にとって何なのかを見つけていく物語。

【広告】

↓  ↓  ↓


コメントは受け付けていません。