「ジョジョ・ラビット」トーマシン・マッケンジー、米女子体操選手ケリー・ストラグ題材のオリビア・ワイルド監督新作に主演(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

米女子体操選手ケリー・ストラグを題材にした新作映画「Perfect(原題)」に、「ジョジョ・ラビット」でユダヤ人少女役を演じたトーマシン・マッケンジーが起用された。「ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー」で長編初メガホンをとったオリビア・ワイルドが監督し、マッケンジーがストラグ役を演じる。

 本作は、ストラグとジョン・P・ロペスの共著「On My Feet, A Diary Of Dreams(原題)」をもとに映画化。1996年のアトランタ五輪で、ストラグは足首を負傷しながらも痛みを押し殺して堂々たる演技を披露し、アメリカ女子体操チームに初の金メダルをもたらした。映画はストラグが一躍アメリカのヒーローとなった一方で、代償を背負った知られざる実話を描くようだ。脚本は「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」のロンニ・サンダールが執筆した。

 米Deadlineによれば、直近の2カ月間でストラグ役のオーディションが行われ、「足跡はかき消して」や「ジョジョ・ラビット」で数々の映画賞を受賞したマッケンジーが、ワイルドや製作陣を圧倒する演技を見せたという。「Perfect(原題)」はニック・バウアー、ジェレミー・バクスター、トーマス・ベンスキー、モス・バークレーがプロデュースし、ワイルド、サンダール、ディーパック・ネイヤー、マリサ・クリフォードが製作総指揮を務める。争奪戦の末に米サーチライトが世界配給権を獲得しており、撮影は2022年初頭にスタートの予定だ。

 ワイルドは、監督を務めた新作「Don’t Worry Darling(原題)」(フローレンス・ピュー主演)が現在、ポストプロダクションに入っている。マッケンジーは、「1917 命をかけた伝令」のジョージ・マッケイと共演した新作「トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング」が6月18日から日本公開の予定。ほかにも、M・ナイト・シャマラン監督と組んだ主演作「Old(原題)」や、エドガー・ライト監督「Last Night In Soho(原題)」などの新作公開が控えている。

【広告】

 

基礎化粧品会社イービーエム直営の

肌にやさしいフェイシャルサロン。



コメントは受け付けていません。