肉屋から逃げ出した暴走牛VS1000人の狂人 インドの牛追いスリラーパニック映画「ジャッリカットゥ 牛の怒り」7月公開(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

第93回アカデミー賞国際映画賞のインド代表作品として選出された牛追いスリラー・パニック映画「Jallikattu」が、「ジャッリカットゥ 牛の怒り」の邦題で7月17日から公開される。

 驚くべき視覚的トリックと奇想天外のアイデアで、インドでカルト的な人気を集めるリジョー・ジョーズ・ペッリシェーリ監督の最新作。本年度アカデミー賞インド代表作品に選ばれたほか、国内の賞レースを席巻。またこの映画の主役とも言える水牛は、ほとんどCG技術を使わず、実物の牛とアニマトロニクスを駆使して、圧倒的な恐怖と躍動感を表現。独創的なビジュアル&サウンド・デザインと、圧巻のモブ演出で世界の観客の度肝を抜いた牛追いスリラー・パニック映画だ。

 舞台は、南インド・ケーララ州最奥のジャングルに位置するとある村。さえない肉屋の男アントニが一頭の水牛を屠ろうと鉈を振ると、命の危機を察した牛は怒り狂い、全速力で脱走する。ディナー用の水牛カレーや、婚礼用の料理のために肉屋に群がっていた人々が、慌てて追いすがるも、まったく手に負えない。暴れ牛は、村の商店を破壊し、タピオカ畑を踏み荒らす。アントニは恋心を寄せるソフィに愛想を尽かされたが、一番はじめに牛を捕まえて汚名を返上しようと奮闘。村中が大パニックになる一方で、かつて密売の罪で村を追放された荒くれ者クッタッチャンが呼び戻されるが、猟銃を携えた彼は、かつてソフィをめぐっていがみあい、自分を密告したアントニを恨んでいた。やがて牛追い騒動が、いつしか人間同士の醜い争いへと大きくなっていく。

 映画評論サイト「ロッテントマト」では95%フレッシュを獲得。批評家からも「驚きとともに目が離せなくなる徒歩版『マッドマックス 怒りのデスロード』、しかもそこにスピルバーグの『ジョーズ』や『ジュラシック・パーク』のエッセンスを加えた圧倒的なテンション!」(ラファエル・モタマヨール/ロッテントマト)、「これはインド版『アンストッパブル』だが、暴走するのは列車ではなくて牛だ!」(バリー・ハート/グローブ・アンド・メール)、「アドレナリン溢れる社会派ドラマの渦。人間の残酷さの狂乱が、やがて獣的な野蛮へと無慈悲に変容していくこの映画は、カルト的なフォロワーを生むはずだ!」(ジェシカ・キアン/バラエティ)などの激賞コメントが寄せられている。

 7月17日からシアター・イメージフォーラム他全国公開。

【広告】

【ファイテン公式】




コメントは受け付けていません。