超絶“るろ剣”アクションの舞台裏 佐藤健×新田真剣佑×青木崇高×土屋太鳳×江口洋介のトレーニング映像(映画.com)

出典元:映画.com

大ヒットシリーズ最新作「るろうに剣心 最終章 The Final」で佐藤健、新田真剣佑、青木崇高、土屋太鳳、江口洋介が過酷なトレーニングに励み、“るろ剣”の超絶アクションを体得する舞台裏を映した特別映像が披露された。

【動画】「るろうに剣心 最終章 The Final」アクショントレーニング特別映像

 和月伸宏氏の人気漫画を実写映画化した本シリーズ。「るろうに剣心」「るろうに剣心 京都大火編」「るろうに剣心 伝説の最期編」に続く“最終章”では、原作とアニメにおける「人誅編」と「追憶編」をもとにした物語を紡ぐ。「るろうに剣心 最終章 The Final」では中国大陸の裏社会を牛耳る謎の武器商人・縁(新田)との死闘を描き、剣心(佐藤)の“十字傷”の秘密を明かす「るろうに剣心 最終章 The Beginning」へと続いていく。

 「るろうに剣心 最終章 The Final」は4月23日に公開され、オープニング2日間で興行収入5億3500万円、3日間で7億4500万円を突破。シリーズ最大の興行収入となった「京都大火編」の週末2日間の興行収入(5億1000万円)を超え、2021年の実写映画オープニング記録を更新する大ヒットスタートを切った。

 本作の見どころは、シリーズごとに進化を遂げてきた、ノンストップで繰り広げられる壮絶なアクション。驚くべきことに、俳優自らがほぼすべてのアクションシーンを担っている。アクショントレーニング映像で佐藤は、斬れない刀「逆刃刀」を使用した、まさに“神速”と言わざるをえない、全身を使った華麗なアクションを披露。まるで剣の速さ、身のこなしの速さ、相手の動きの先を読む速さという3つの速さを最大限に生かした、剣心の得意とする「飛天御剣流」を見ているかのようだ。

 新田は、剣心の前に立ちはだかり、すべてを奪おうと目論む縁を体現。縁と斎藤一(江口)が列車内で対峙し、警官たちを次々となぎ倒していく、観客の度肝を抜く一連のシークエンスも映し出されている。新田は身体能力の高さを生かし、縁の人間離れした強さと破壊力を表現。強力なパンチや回し蹴りといったパワフルかつスピーディな中国拳法、殺意剥き出しの壮絶なバトルを作り上げている。

 映像には驚異の腕力で敵を叩き伏せる相楽左之助役の青木、バク転などを交えた俊敏で軽やかなアクションで魅せる巻町操役の土屋、得意の剣を振りかざし攻撃する隙を与えず、圧倒的な力の差を見せつける斎藤役の江口の姿もとらえられている。キャスト陣のすさまじい努力により、劇中ではキャラクター同士の肉体がリアルにぶつかり、濃密な感情がほとばしる“本物”のアクションが実現した。

 アクション撮影について佐藤は、「このシリーズには特別な思いがありますし、今回は剣心にとって間違いなく最も重要なエピソードですので、自分のすべてを捧げる決意で臨みました。シリーズで一番迫力のあるものにしたいと考えた時、“潔い”アクションシーンにするべきではないかというのが僕の思いでした。洗練されたアクションだけを濃密に凝縮して見たことのないものを作りたいと、大友監督とアクション監督の谷垣さんと、現場でゼロから作り上げていきました」とコメントを寄せた。

 「るろうに剣心 最終章 The Final」は上映中。続く「るろうに剣心 最終章 The Beginning」は6月4日に公開される。

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントは受け付けていません。