近鉄ライナーズ、負けられない戦い!「トップリーグ プレーオフトーナメント」(チケットぴあ)

【広告】漢方ハーブシャンプー

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のハーブシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

出典元:チケットぴあ

4月17日(土)から「トップリーグ2021」プレーオフトーナメントが開催される。リーグ戦を終え、下部リーグ「トップチャレンジリーグ」の上位4チームを含めたトーナメント戦。勝ち上がりを賭けた、下剋上が可能なシステムだ。今年度の最終順位が決定される。どのチームにとっても1戦も負けられない戦いとなる。1回戦は4月17日(土)、18日(日)。トップリーグの各カンファレンス7位~8位のチームと、トップチャレンジリーグ1~4位のチームが対戦する。カードは以下の通り。

【写真】オーストラリア代表キャップ70を誇る、クウェイド・クーパー選手

「三菱重工相模原ダイナボアーズ vs コカ・コーラレッドスパークス」
「豊田自動織機シャトルズ vs NECグリーンロケッツ」
「清水建設ブルーシャークス vs 日野レッドドルフィンズ」
「宗像サニックスブルース vs 近鉄ライナーズ」

中でも4月18日(日)に秩父宮ラグビー場にて開催される「宗像サニックスブルース vs 近鉄ライナーズ」は注目のカードだ。リーグ戦を1勝6敗で終えレッドカンファレンス最下位のサニックスに、トップチャレンジリーグを2位で通過した近鉄ライナーズが挑む。サニックスはテンポの良い軽快なパス回しが特徴のチーム。フッカー(HO)の王鏡聞、ロック(LO)の寺田桂太など、前近鉄の選手が多く在籍する。一方の近鉄は1929年創部の歴史あるチームで、ここ数年は世界基準の選手を多く擁している。世界最高峰ハーフ団と名高いスタンドオフ(SO)のクウェイド・クーパー、スクラムハーフ (SH)のウィル・ゲニア。さらに、昨シーズンの「第57回全国大学ラグビーフットボール選手権大会」で優勝した天理大学出身センター(CTB)、シオサイア・フィフィタは日本代表候補にも選出され、期待がかかる。

勝利チームは4月25日(日)に開催される2回戦、東大阪市花園ラグビー場でパナソニックワイルドナイツと対戦する。近鉄とってはホームグラウンドでの試合となり、1回戦での勝利は必須だろう。サニックスとしてはトップリーグの意地を見せ、危なげなく勝利をつかみたいところ。両者一歩も譲れない一戦を、ぜひスタジアムで。チケットは発売中。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。