『ウォーキング・デッド』最終シーズンの放送開始日が米国で発表!(IGN JAPAN)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:IGN JAPAN

最終シーズンとなる『ウォーキング・デッド』の24話構成のシーズン11は、米国で2021年8月22日に放送がスタートする。
AMCは現地時間の4月4日夜に放送されたシーズン10最終話で流れる新しいティザーと共に、上記の日付をアナウンスした。同放送局はまた、超大型シーズンとなるシーズン11は8つのエピソードで始まり、「10年以上にわたる番組の成功を完結に導く、24話からなる壮大なストーリーの序盤」となると明かしている。

「ウォーキング・デッド」画像・動画ギャラリー

「キャラクターを中心とした比較的に小規模なシーズン10の追加6話分が終わった後、私たちはこれまでになく壮大なシーズン11をキックオフさせることにとてもワクワクしています」と『ウォーキング・デッド』のショーランナー兼エグゼクティブ・プロデューサーのアンジェラ・カンは話している。「危険に満ちあふれているストーリーとなります。より多くのゾンビや大量のアクション、興味深い物語、初登場のロケーションなどがあります。主人公たちの複数のグループが初めて1つのコミュニティとなって団結し、囁く者が彼らから奪い去ったものを再建しようとしています」
ドラマ『ウォーキング・デッド』の最終シーズンは2022年に完了するが、このポストアポカリプスのゾンビワールドはそれからも続いていく。AMCはすでに人気キャラクターのダリル・ディクソンとキャロル・ペルティエを主人公としたスピンオフシリーズの制作を決定し、2023年に放送が開始する予定だ。
『Tales of The Walking Dead(原題)』という、『ウォーキング・デッド』の世界を舞台とするアンソロジーシリーズもアナウンスされている。このドラマは「新旧のキャラクターやバックストーリー、その他独立した体験に焦点を当てた、1話もしくは数話からなる物語で構成されるアンソロジー」になるという。

さらに、アンドリュー・リンカーン演じるリック・グライムズにフォーカスした映画など、ほかにも複数の今後リリースの作品が発表されている。

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントは受け付けていません。