コンプソンズの新作公演が開幕、金子鈴幸「忘れてしまったことをそっと取り出せるような」(ステージナタリー)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ステージナタリー

コンプソンズ「何を見ても何かを思い出すと思う」が、本日4月7日に東京・「劇」小劇場で開幕した。

【画像】コンプソンズ 第7回公演「何を見ても何かを思い出すと思う」より。(撮影:コムラマイ)(他8件)

これは、昨年3月に上演予定だったが、新型コロナウイルスの影響で中止となった「何を見ても何かを思い出すと思う」の延期公演。劇中では、東京・下北沢を舞台にした、若者たちの群像劇が展開する。カレー屋に向かうカップル、手応えのないライブを終えたバンドマン、とある事情から後ろめたい気持ちの役者がいる下北沢の街に、「向井秀徳が路上ライブやってるらしい」という噂が駆け巡り……。

脚本・演出を手がけ、出演もする金子鈴幸は「『何を見ても何かを思い出すと思う』は、私自身の個人的な思い出をもとに紡いだ物語ですが、お客さんが観た後に、各々の記憶の引き出しから忘れてしまったことをそっと取り出せるような、そんな作品になったらいいな、と今は思っております」とコメント。出演者にはコンプソンズメンバーのほか、青年団の石渡愛、小野カズマ、劇団「地蔵中毒」の東野良平が名を連ねた。

なお4月17・18日には、本作の本編映像と、劇場で収録されたアフタートークの映像を配信。17日の配信映像には映画監督の今泉力哉、18日の配信映像には演劇ジャーナリストの徳永京子がトークゲストとして参加している。

■ コンプソンズ 第7回公演「何を見ても何かを思い出すと思う」
2021年4月7日(水)~11日(日)
東京都 「劇」小劇場

脚本・演出:金子鈴幸
音楽:額田大志
出演:金子鈴幸、星野花菜里、細井じゅん、大宮二郎、宝保里実、鈴木啓佑、金田陸 / 石渡愛、小野カズマ、東野良平

■ コンプソンズ 第7回公演「何を見ても何かを思い出すと思う」配信
2021年4月17日(土)・18日(日)

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ



コメントは受け付けていません。