『シン・エヴァ』緒方恵美、「終われていない」碇シンジ役 14歳を演じ続けた“痛み”(オリコン)

出典元:オリコン

庵野秀明総監督の映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が3月8日から公開中だ。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ全4作のフィナーレであり、第1作『:序』公開から13年半が経過、さらに新型コロナウイルスの影響で2度も公開延期に見舞われながら“ついに”たどり着いた封切り。世界中のファンがさまざまにシリーズ完結へ想いを巡らせる中、主人公・碇シンジを演じ続けてきた声優の緒方恵美は今、何を考え、この大作の終着点に立っているのだろうか。

【動画】「僕が乗ります!」シンジの名セリフだらけ!エヴァの新映像

■「終われていない」碇シンジ役

 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は、TVシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』に新たな設定とストーリーを加え「リビルド」(再構築)した全4部作の完結編として、3月8日に公開。初日からの7日間累計で興行収入33億3842万2400円、観客動員数219万4533人を突破、公開初日からの 28日間累計で興行収入 68億9861万 3200円、観客動員数 451万3374人となり、『エヴァンゲリオン』シリーズ最高記録となる興行収入53億円、観客動員 382万人を記録した前作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(2012 年公開)を超え、興行収入・観客動員ともにシリーズ最高記録を更新。多くのファンが期待していたことが数字からもうかがえる。

 まずは「無事に公開されて良かったなという、それだけです」と現在の心境をシンプルに言いきった緒方。新型コロナウイルスの影響による公開延期という事情についても、「こういう状況なのでもちろん理解できますが、作品に関わった方みんな悔しい思いをしていたし、いろんな想いで延期にしたと思いますので、無事に公開ができて本当に良かったです」と安堵の表情を浮かべる。

 周囲の反響を聞くと「皆さんネタバレしないよう本当に気を使ってくださっている」と感謝しつつ、「『観た!』『良かった!』といったLINEはくるので、おおむね好評ということはフワッとわかりますが、それ以外はあまり詳しい感想までうかがえていなくて。詳しく聞きたくても『待て! 緒方と話すのは少し早い』とか『あと3回くらい観てから激論を交わしたい』と言われてしまい、あまり聞けていないですね(笑)」と、こんなやり取りが生まれるのも『エヴァ』ならではだろう。

 TVシリーズから約25年もの間シンジを演じ続け、さらに『新劇場版』シリーズも務め終えた今、肩の荷が下りた思いもあるのか聞いてみると、「端的に言うと“終われていない”感じです」と表現する。本作のアフレコが始まったころに「庵野総監督とは『本当に終わるんですか?』『終わります』『さみしいな』みたいな話をしていた」そうだが、「自分も(『シン・エヴァ』で)終わるつもりでやっていたのですが、いざ終わってみたら拍子抜けするくらい、あまり変わらない感覚なんです」と意外な心持ちになったという。

 「自分自身がどうこうというのではなく、純粋にシンジの“ラスト”が影響しているのかもしれません。セリフも含めてどういう気持ちでそこにたどり着いたのかというのもあって。それで今は余計にそういう感覚が強くなっているのかな」と、その理由について分析した。

【広告】

手ブラ寄せ機能で自然な谷間

↓  ↓  ↓

補整下着の専門通販
HEAVEN Japan公式オンラインショップ

コメントは受け付けていません。