今ならネットで大炎上? 大家が強気すぎた昭和の賃貸事情(アーバン ライフ メトロ)

出典元:アーバン ライフ メトロ

漫画『サザエさん』で知られる長谷川町子さんですが、そのほかにも『エプロンおばさん』という作品があるのをご存じでしょうか。

【画像】『エプロンおばさん』全7巻

 エプロンおばさんの一家や下宿人の生活が描かれており、『サンデー毎日』で1957(昭和32)年から7年あまり連載されました。当時の世相や時事ネタが作中に取り入れられているため、戦後復興から1964年の東京オリンピックへ向かう時代の様子がよくわかります。

 このエプロンおばさんがやっていたのが、素人下宿です。言葉の明確な定義はありませんが、一般の家庭が空いている部屋を他人に貸すことで、いわゆる貸間です。夏目漱石の『こころ』でも主人公の先生が部屋を探していて、素人下宿を紹介されるというくだりがあるので、明治時代には既に存在した言葉のようです。

『エプロンおばさん』の連載当時、この素人下宿がとても増えていました。というのも経済成長によって上京する人が増加し、一般的な賃貸物件が払底していたからです。

 1961年末には996万7209人だった東京都の人口は、1962年2月にはついに1000万人を突破。今となっては考えられませんが、わずか3か月あまりで4万人の人口増がありました。この頃、東京は年間30万人ずつ人口が増えているともいわれ、それに対応するだけの部屋が簡単に見つかるはずもなかったのです。

 ましてやインターネットで簡単に物件情報を得られる現在と違って、足とコネクションを使って部屋を探していた人が多かったため、その大変さは想像以上でした。

【広告】

 

基礎化粧品会社イービーエム直営の

肌にやさしいフェイシャルサロン。



コメントは受け付けていません。